● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

09
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
| 1 / 49 pages | >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
映画「スプリット」

ジェームズマカヴォイ、すごいね。

全く女装が似合わない(笑)


あ、いきなりごめんなさい。

ジェームズ扮する男が多重人格で、女子高生3人を誘拐して監禁する映画で。それで、ある女性に人格がすりかわるシーンがあって、まー、女に見えなくて!

まあ、女装のテーマの映画じゃないから良いんだけどね。


良い役者さんです、マカヴォイ。


この映画に、多重人格のサスペンスホラーを期待した人は、ラストにかけて「え?」と思うかも知れない‼

「シャッターアイランド」的な、本当にありそうな感じではなくなってきて、ちょっと非現実的に流れます。


でも、そうよなー。究極って、ああいう事になるかもなあ〜と思いながら見ると、まずまず。

そして、監禁した女子高生とのラストも、ちょっと方向性が意外な感じ。でも、好きだけどね。


ちょっと異色な多重人格もの、だったな。さすが、Mナイト.シャラマン監督。



ホラー02:26comments(0) | - |
tape
エイリアン コヴェナント

映画館で見ようかどうか迷った挙げ句、結局見なかったら、すーぐにDVDレンタル化されてた、エイリアンコヴェナント。

お金は浮いたけど、こんなんだから誰も映画館に足を運ばなくなるんだよなーと思いつつ、すぐレンタル笑


色んな方が評してますが、あの初期のエイリアンvsクルー達のアクション映画感はなりをひそめ、なんだかこう、情緒的な雰囲気な作品として仕上がってた。。。


ん〜。面白くないことはないんだけど、エイリアンシリーズで一番好きだった2の感じは全くないねー。

なんだかよく分からなかった、プロメテウスの雰囲気を引き継いでます。


エイリアンシリーズの1作目に繋がる、前章的な作品らしいけど、明らかに1作目より、マシーンもエイリアンも進化してるのは、映像技術として仕方がないけど、エイリアン4の後くらいな勢いの映像&マシーン。


プロメテウスよりは話は分かりやすかったかな?というか、プロメテウスで分からなくても、これを見たら、プロメテウスが分かってくるかも。


ある星をめざして宇宙飛行している船が、目的地以外の星からの信号をキャッチし、そこに降りたらエイリアン〜、みたいな展開。

そして、そこには、プロメテウスに出てくるアンドロイドが登場。この星に降りた宇宙船のクルーであるアンドロイドてと同じ見た目のアンドロイド。

2体のアンドロイドの物語っぽくなっていきます。


エイリアンvsクルー達ではなく、アンドロイドvsクルー達という感じのコヴェナント。


別に見なくてもよい映画館かも知れないけど、結局エイリアンシリーズを見てきた者からすると、見ざるを得ない感じに持っていかれてますがな。

例えば、ゲームのバイオハザードシリーズをして、ストーリーも気になるから次のもしてしまう、みたいな。


また、続編見ちゃうんだろーなー(ノ_<。)

「次のは、エイリアン1の直近のストーリーだ!」とか言われたら(^_^;)


SF02:14comments(0) | - |
tape
映画「女の一生」

今から約50年前の映画「女の一生」

を見ました。

主演が岩下志麻ということもあり、

昭和の初期にも興味があったため

観賞に至りましたが、なかなか胸に

しみる映画でした。

自分がある程度の年を重ねたから

こそ、味わえた映画かも知れません。

 

信州の田舎の良家の伸子(岩下志麻)

が、戦死した兄の友人である宗一

と惹かれ合って結婚するのですが、

この男がまさに「ゲスの極み」。

伸子の女中であり乳姉妹のお民を

無理矢理手込めにして妊娠させるわ、

周りにそれを責められると、開き

直るわ。

しかも、懲りずに他にまた女を

作って、女の旦那に撃ち殺され

りわで、テンポ展開も早く、女の

一生が、まるで本当の人生が

あっという間に過ぎるかのように

描かれています。

 

また、金の無心ばかりするドラ

息子には、若かりし日の田村正和

が演じていますが、ドラ息子ぶり

も半端じゃなく、家を食い潰して

いく始末。

 

はぁ〜とため息が出るくらい、

とんでもない事態が降りかかる

伸子の人生ですが、

これ結構、実際にもよくある話

なんじゃないかな〜自分の周りに、

いやいや祖父母はこんな経験して

たみたいよ、なんて感じで、他人

の話でもないよな、みたいな。

 

でも、長い目で見たら、良いことも

訪れたりして、トータルで見たら、

人生が良くもなく悪くもなく、という

ラストのセリフに共感出来るのも

この映画の良さかなと思いました。

 

40代以上の方にオススメの映画

ですね。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:映画

邦画13:07comments(0) | - |
tape
鉄板シーン
ホラー映画で必ずある鉄板ネタ。

1、屋敷に何かが起こり逃げ出すが、追いかけられてまた家に逃げ入ってしまう。

2、逃げ出そうとして車に乗り込みエンジンをかけるが、エンジンがかからない。

3、ドラキュラ(バンパイア)を退治に出掛けるが、朝に出ても夜にドラキュラの屋敷に到着してしまう。

4、家に悪霊がいる映画で定番なのは、ドアが急に閉まる・包丁が飛んでくる・写真立てが倒れる・ドアが開かない

5、悪霊が家に棲みついているとか悪魔払い映画は、アメリカがほとんど。(実話とかいうけど、じゃあ何故日本にも起こらないの?何故日本人がのりうつられて、逆さ十字架が体の表面に浮いてくるような怪奇現象実話がないの?)

つれづれ15:42comments(0) | - |
tape
オブリビオン


トム・クルーズの映画はハズレがないからと、公開と同時に行きました。詳しいストーリー設定は忘れてしまいました!が、興味深い映画でした。

近未来、トム・クルーズ扮する男が女性同僚とステーション(といっても、近未来の家っぽい場所)で、地域のパトロールや修理をしていて、そこに二人以外は住んでいない様子。
上司からの指令を受けて、トム・クルーズは格好いい乗り物で、修理先へ移動。そこで、負傷した黒髪の女性を救出しますが、自分の夢に度々登場する人であり、相手も何故か自分の名前を知っている…。

その辺りから盛り上がってきますが、何故か結末あたりは感激に終わらず。。。切ないようなそうでないような。。中途半端な演出で終わり。あの結末にするなら、もう少し描かれなかったもう1人のトムのシーンがあれば良かったかも。

手塚治虫の近未来作品にあるような切なさまでは、表現しきれていないと感じました。残念。なかなか興味深い映画でしたけどね。

これはレンタルしても損はないと思いますよ。
SF11:25comments(0) | - |
tape
死霊館
ジェームズ・ワンの「ソウ」や「デッドサイレンス」の作品が好きだったので、「死霊館」をストーリーもよく知らずに借りました。

始まるやいなや、「ん?これは家に悪霊が住んでいるとか、そんなパターン?」と思うと、すぐにテンションダウン…だって、今までアメリカ映画は何作「家に悪霊がいて家族が恐怖に陥れられる」という映画を作ってきたことでしょうか。
「悪魔が棲む家」にはじまりあれもこれも。。。結末はいつも、家族愛で戦い抜くか悪魔祓いでハッピーエンド。
だから今回は、役者陣の演技を楽しむことにしました。キモい悪霊のメイクと役者の演技のお陰で退屈はせず。そしてストーリーも思った通り。
可もなく不可もなく。

考えてみれば、ジェームズ・ワンは同じような映画を作ってましたね、前にも。タイトルも忘れた(笑)

わざわざ借りなくても良いかも。


ホラー10:51comments(0) | - |
tape
八日目の蝉
出演
  井上真央、永作博美、小池栄子
  劇団ひとり、森口瑶子、

井上真央扮する薫は親元を離れて独り暮らしをしている大学生。居酒屋でのバイト先に、フリーライターを名乗る若い女にインタビューを申し込まれる。
自分は過去に、父親の愛人に誘拐され四才まで、父親の愛人に育てられたという経験があり、そのことについて聞きたい、という。
そのことにより、誘拐され四才まで育てられた記憶が鮮明になっていく薫が、フリーライターのその女と当時の地を旅しながら、あらゆる人の立場に立ちながら事件を見ることが出来るようになり、事件のトラウマを克服していく姿が描かれています。

ラストのくだりが良かったです。みんなが救われたような、そんな気がします。

星4つ。
DVDを借りてもいい作品でした。
邦画22:38comments(0) | - |
tape
英国王のスピーチ
第二次世界対戦の頃にイギリス王として即位していたジョージ6世が、乞音を患っていたとは知りませんでした。
まだ即位してなかった時から、乞音を持ちながら各種スピーチをしなければならなかったジョージ6世は、ドクターローグと二人三脚で乞音を克服していく実話です。
ジョージ6世の忍耐強さとローグ氏との心の交流が、心を打ちます。

ひさしぶりに良い映画を見たなあ〜。
DVDを借りるの、お薦めです。
人間ドラマ00:43comments(0) | - |