● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

08
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
| 1 / 2 pages | >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
ソルト
JUGEMテーマ:映画

去年、映画館へ足を運んでみた「ソルト」。
アンジーのアクションが見たかったのです。「WANTED」で格好良かった
ですからね!

期待を裏切りませんでした!
「WANTED」「ミッション・インポッシブル」が融合したような映画でしたが、
アンジーのアクションは息つく暇もない感じです。
「いたたたた!」と思わず声に出しそうなほどのアクション。
怪我がきっと絶えなかっただろうなあ・・・。

一見「石油会社」に見えるあるビルディング。
そこに勤める、アンジー扮するイヴリン・ソルトは、実は「石油会社」を
表向き見せているCIAの情報部の職員なのです。
しかも、非常に優秀な。
ある日、最愛の夫との結婚記念日を祝おうと帰宅しようとした矢先に、
ロシアから亡命してきたという男の取調べをすることになったイヴ。
そこでその男が、ロシアのスパイ・・・それこそがイヴリン・ソルトだと
言ったことから、彼女は逃亡するハメに。
そこでの逃亡と追跡、暗殺事件への展開が交わって、話が二転三転
して息つく間もないです。

最後、テッドとの絡みのシーンで、イマイチその全貌が分かりきって
いない自分ですがまあいい。

まるで続編があるかのような終わり方で期待してしまいますが、
本作の監督は「自分は続編をやらないです」と宣言してます。
違う監督でやるのかな。
まあ、サイアクこの形で終わったとしても、変ではないっちゃあない
のですが。

これ、映画館で見たのにまたDVDでも見てしまいました。
DVD買うかも。
 
アクション22:56comments(0) | - |
tape
バイオハザード検.▲侫拭璽薀ぅ
JUGEMテーマ:映画
 
 シリーズの中で1番好きな作品になりました。
バイオハザードゲームのFANとしては、とても満足しています。
まあ、クリス・レッドフィールドの役が、ウェントワース・ミラーという
ミスマッチに思えることの不満?は少々ありましたが、斧男や
ウェスカーの登場、バイオハザード5のゲームのようなモンスター
が登場して、「あああ、これこれ!これはゲームのあのチャプター
で出てくるやつだー」なんて楽しめます。

アクション的にも、まあ色んな映画のおいしいところを真似ている
ようなところはありましたが、迫力満点です。

ストーリー?
ん〜、ストーリーなんかあまり気にしないで見てください(爆)。
まああえて書くとするならば、前作「バイオハザード掘廚梁海で、
靴覇┐欧殖縫沺璽箸筌レアを、ジョボヴィッチ扮するアリスが
探しながら、安住の場所を探してゾンビや汚染から逃げるって
感じですか。

でも、また続きがありそうですね。
ゲーム:バイオハザード6が出るのを待って製作するならば、
またFANを喜ばせてくれる見せ場を作ってくれるでしょうけど、
どうなんだろ。

これは、DVD欲しいです。やっすいですねー。1100円ほどですか。
お手ごろ価格です。
アクション22:47comments(0) | - |
tape
007/慰めの報酬
JUGEMテーマ:映画
 
007/カジノロワイヤルを見たのがいつだったかな、何年か前のお正月
です。
この「007」シリーズって、いつも正月時期に上映ですね。子供の頃から、
大晦日には家族で映画に行っていたのですが、いつもそのときは007
シリーズにするかどうかくじ引きで決めていたんですよ。

カジノロワイヤルの詳細を、もう忘れてしまっていたので、この慰めの
報酬のストーリーがイマイチ分かりませんでした・・・。
カジノロワイヤルでは、ボンドの初任務があったり心から愛した女性の
存在が登場したりしたのは覚えているんですが、今回のしょっぱなから
その件についての拷問シーンがあったり、誰が誰を殺して逃げたのかの
シーンが、カメラワークが荒すぎてよく分からなかったり。

最近のアクションでは、カメラをやたら激しく回したりして、アクションを
ごまかすのが多いので、これは難点です。

結局、最後まであまり詳しい内容が理解できないまま、見てしまいました。
でも、アクションがすごかったので、それにつられて最後まで見たという
感じかな。

007シリーズにしては、ヒロイン(ボンドガール)とのラブシーンがなく、
それはとても珍しいと思いました。正直、いらないしね。

ただ、ボンドガールじゃない人とのラブシーンがあり、最近上映があった
タイタンの戦いに登場した、長年生き続けると言う呪いをかけられた
守護的な存在の女の人(長ったらしい説明ですな)が、領事館の女性
職員で登場。上方も衣装も全然違いましたが、なんかすぐに分かりました。

ちなみに、カジノロワイヤルでも、タイタンの戦いの戦士役(ドラゴ)が
登場してます。

みんなイギリス系ですね、俳優が。
ダニエル・グレイグもそうだし、領事館の職員役の女性もそうだし。
今回のボンドガールは、ウクライナ出身の女性ですが。

悪くない映画だったので、時間や興味がある方はどうぞ。
普通に楽しめると思います。というか、007はハズレっていうのは、
ほっとんどないですしね。
アクション10:26comments(0) | - |
tape
タイタンの戦い
JUGEMテーマ:映画
 
目が肥えたのかなあ(体も肥えたが)。
子供の頃に見た「タイタンの戦い」(ハーリー・ハムリン主演)のときは、
すっごく楽しかったしワクワクしました。

でも、これはそこまでのワクワク感や引き込まれ感は無かったです。

それより、レイフ・ファインズが出ていた意外性に驚いたのと、
エリザベス・マクガバンも出ていて吃驚!!
エリザベスなんて、エンドロールで気づいたんですよね。劇中では
気づかず・・・。後で調べたら、主人公ペルセウスの育ての母親役とか。
え?すぐ死んじゃうやん、みたいな。残念ですよ、じっくり見れなくて。

エリザベス・マクガバンといえば、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・
アメリカ」でのデニーロの初恋であり憧れの女性役での印象が強く、
顔はぷっくらしてるんですが、何か可愛かった。
また、「普通の人々」でも主人公の青年を支える恋人?の役で、
映画ファンに可憐さを印象付けました。

でも、どの映画から見なくなり始めたかなあ。
ケビン・ベーコンとの「結婚の条件」あたりでしょうか。
あの頃から映画で見なくなり始めました。

だから、彼女が登場したのはちょっとしたプレゼントです。

この映画自体は、オリジナル映画とストーリーの細かいところを変えて
います。それがちょっと、物語を分かりにくくさせました。もっとシンプル
でよかったのに。

オリジナルと違うところといえば、
・レイフ・ファインズの役が加わった
・ポセイドンの存在も加わった(実際の登場はない)
・ゼウスが人間を犯すという卑劣な役回りになった
・仮面ライダーの悪役みたいなのが、仲間として登場した。
・何で切りつけても切れない・壊れない盾が出てこなかった
・守護女が登場
・ペガサスが黒い

などなど、かなり変更部分はあります。

逆に同じなのは
・目の見えない3人の魔女の登場
・さそりの登場(巨大ですが)
・メドゥーサの登場
・クラーケンの登場

です。


メドゥーサの登場は、オリジナルとだいぶん演出が違うのですが、
オリジナルはドキドキハラハラ、リメイクのこちらは迫力満点でした。
そこが1番良かったかな。

映画館で見ると、やはり迫力ありますよ。

ただ、役者の演技がちょっとしらじらしいです>サム・ワーシントン
アクション23:48comments(0) | - |
tape
トランスポーター3
JUGEMテーマ:映画
 
ジェイソン・ステイサムのシリーズ化されたアクションの第3弾です。

面白くないこともなかったけど、1作目や2作目に比べると、やっぱり
落ちたかなあ。

ある物を運ぶように強制的に依頼された男の腕には、逃げられぬよう
車から20メートル?離れたら爆発する装置がつけられているわ、
見知らぬ足手まといの少女も同乗しているわで、とにかく目的地へ
向かうジェイソン。

見終わってしばらく経っているのですが、あまり印象に残ってません。
ラストの列車のシーンくらいかなあ。

何も考えずに映画を楽しみたい方には、いいかもしれません。

アクション21:19 | - | - |
tape
アイアンマン
JUGEMテーマ:映画

アメリカ映画ってこういうの多いですね。コミックから出たような善悪物で
ヒーロー物。そして主人公は人間じゃない力を得ているとか。
スパイダーマンもそうだし、デアデビル、ゴーストライダー、スーパーマン、
そして「アイアンマン」。


主役のロバート・ダウニー・Jr、久しぶりの映画での拝見です。
彼を映画で最後に見たのは、レス・ザンゼロという映画でしょうか。
あ、違う、ゾディアックですね。あの辺りからメジャー路線にまた
戻ってきたのかな。
彼自身、プライベートでのトラブルも多かったので、トラブルメーカー
という印象が強く、それで映画界から消えていったのかと思いきや、
アイアンマンのような作品で見かけるとは思いもしませんでした。
しかも、シャーロックホームズの映画も公開待ちで、ダウニー、
どうやってここまでまた来たの?ってビックリです。

でも元々彼は男前だし、演技派でもあるので(チャーリーやレス・ザン・
ゼロで実証済み)戻ってこれたのかな。

しかしこの映画、豪華キャストですね。
サミュエル・L・ジャクソンやポール・ベタニーがどこに主演していた
かは分かりませんでしたが、ジェフ・ブリッジスもイメチェン風貌で
登場し、グイネス・パルトローも出てます。

武器兵器制作会社の天才社長をロバートが演じていて、自分が
捕虜になる経験から、武器や兵器を作らない宣言をし、平和を
乱す悪党をやっつけるアイアンマンというボディースーツマシーンを
作っちゃうんです。

あとの展開は、なんとなくスパイダーマンのようでした。

でもこれって、結構見入ってしまう映画で、何も考えず楽しめるし
 家族と一緒に見れる映画です。

アクションやヒーロー物が好きな子供さんがいる家庭では、DVDを
買うのもいいかもしれません。
アクション22:53comments(0)trackbacks(0)
tape
ランボー最後の戦場
JUGEMテーマ:映画

シルベスター・スタローンの代表作「ランボー」は、もう古い映画でシリーズ化
されていますが、1度も見たことがありませんでした。
しかし何故か、このランボーシリーズの最終作品?を見ることに。
予告で「見てみよう」と思ったから。

あっという間に見終えることが出来たほど、テンポよく進みアクション映画
としては合格ラインで仕上がっていました。
初めてランボーを見たわけですが、過去の作品を見なくても十分満喫でき
ましたよ。
ただちょっと、映像が「プライベートライアン」の冒頭のノルマンディー上陸
のシーンくらいエグイです。頭ぶっ飛び、足ぶっ飛び・・・。冒頭からその
連発でしたので、ちょっと顔を背けたくなるようなシーンも満載(汗)
最近の映画は、ちょっと行き過ぎだなあと思ってしまいます。

ストーリーとしては、ミャンマー政府が人民にむごたらしく残虐な仕打ちを
している中で、アメリカの牧師たちが慈善活動として物資を届けにいくこと
にするんです。
元戦士のランボーに、ボートこぎをお願いしに行く一行。
ランボーはミャンマー政府軍の残虐性のことを考え、「あそこに行くのはよく
ない」と忠告し、自分はそこへボートを出さないと断るのですが、牧師一行の
中にいた女性サラの率直で真摯な説得の言葉に、彼は彼女を信じることに
し、ボートを出すのです。

目的の河川に着いた後、彼女たちを送り届けたランボーは、一人帰るので
すが、後に彼女たちがミャンマー軍の捕虜になってしまったことを知り、
救出するための特殊部隊に加わることになります。

また部隊を河川敷に送り届けるんですが、部隊長に「ボート屋は来なくて
いい」といわれるのですが、サラのときもそこで帰って結局彼女たちが
捕虜になってしまった経緯があったランボーは、密かに救出の道を進む
のでした。

この映画の中で、牧師たちの命を奪おうとした海賊ならぬ河賊を殺した
ランボーに対し、牧師であるマイケルが「人の命を奪うなんて!」と罵倒
するシーンがあり、またその反対に、最後のクライマックスシーンで、
マイケルたちを救出しに来た人がミャンマー軍によって命を奪われている
のをマイケルが隠れながらなんとも言えない顔をしているシーンがある
のですが、
「神の子供たちを殺すなんて」という偽善的な態度と言葉だけでは、虐殺
されている人々は救えないのかもしれない、という状態が描かれていまして、
ただ単に自分の利益や目的達成のために人を殺すのはお話にならない
けれども、時には愛する人を守るために(防衛的な形で)人の命を奪うのは
、誰も何も言えない行為だななんて、ふとそんなことを考えながら見てまし
た。 

なんかこう意外にもメッセージ性があるというか、奥が深い部分があった
映画でしたね。

ラストシーンで、ランボーが行った場所のシーン。
これにもいろんな意味、思いが含まれている感じがして良かったです。

DVD買う
DVD借りる
・・・どちらもOKではないでしょうか。

アクション12:29comments(0)trackbacks(0)
tape
ウォンテッド
 もう最高の映画!超かっこえーーーーーーー、って感じでしたっ。

もう最初っからぶっとばしでガン・アクションの連続。
主役のウェスリーが暗殺者に見初められる前の冒頭シーンも
全然退屈じゃないし楽しく進みました。
話の展開にも引き付けられ、あんな裏があるとも想像しなかったので
うまい具合に騙されて楽しめた星5つの映画です。

アンジー扮する暗殺者の格好良さ!
彼女、また似たような役をするんだな〜って最初思ったんですけど
(Mr.&Mrsスミス)またこれは一味違った役どころでした。
トゥームレイダーで披露したアクションが健在です!

あとジェームズ・マカヴォイの映画を初めて見たけど、今後が期待
出来る役者ですね!彼にアクションはあまり似合ってなかった感も
あるんですが、パート2あたりではきっと(パート2の製作はされると
踏んでいます)素人あがりの顔つきではない感じになっていくのかな。

彼を殺そうとするクロスという暗殺者の絡みも見ものです。
(あの俳優、どっかでみたことあるんだけどなあと思ったら、彼の
作品をこの前映画館でみたところだった!>「ワルキューレ」)
・・・覚えておこう・・・トーマス・クレッチマン。

実は、実際にはありえんだろ!っていう演出が多いんですが、それ
は”娯楽映画”として考えれば、かえって現実を離れて自分も暗殺者
になったような気分に浸れる良さ、だったりします。

手放しで5つ星をつけることが出来た映画ですね!
(5つ星をつけるにしても、4つか5つか迷うことは多くあるので)。
最後は、あの人とこの人がこうなって欲しかったな〜っていうのはあるん
ですけどね!

DVDレンタルどころか、買ってもいい作品です!
もう1回みちゃいましたけど、ストーリーが分かってから見ると
「あああ、あの窓はあの意味があったんだ」と分かって面白いですよ。

アクション21:07comments(0)trackbacks(0)
tape
ローグ アサシン
アクション俳優のガチンコ対決!みたいな映画ですけど、
実際の二人(ジェット・リーとジェイソン・ステイサム)が
絡むシーンは少ないです。

それに、カメラ視点が変わりすぎて、実際はそんなに大した
アクションをしてないはずですが、すごくアクションしている
ように小刻みなカットで撮影してて、ちょっと物足りないですね。

また、日本のやくざ世界を絡めた舞台にしていますが、
日本のやくざって、そんなんじゃないよってなシーン満載、
しかも、日本を知らない人が作った、という感じで、
「これが日本」と描かれているセットが、しらじらしいです。

それを除けば、もう少し評価も良かったんですけどね。

ジェットリー扮する凄腕の暗殺者(暗殺、じゃないよね。あれは。
派手に殺しすぎて)と、彼に相棒を殺された刑事(ジェイソン)
の追撃劇です。
種明かしが意外なのは、良かったな〜。
最近あまりない種でした。(昔は時々見られた手法ですが)。

しかし、アジア人いっぱい登場。
なつかしのジョン・ローンまで出ています(相変わらず正統派の
男前を維持していたのはすごい)。
ジョンローンは中国人役。
ジェイソンの相棒は、韓国人。
やくざは石橋凌とケイン・コスギで日本人。
もう、めちゃくちゃです(苦笑)

そしてデヴォン青木も気持ち悪い・・・。

ジェイソン・ステイサムの日本語は、何を言っているか分かり
ませんでした。



JUGEMテーマ:映画


アクション08:13comments(0)trackbacks(0)
tape
ザ・シューター/極大射程
評価:
マーク・ウォールバーグ. マイケル・ペーニャ.ダニー・グローバー.ケイト・マーラ.イライアス・コティーズ.イライアス・コティーズ.ローナ・ミトラ.ネッド・ビーティ,アントワーン・フークア
射撃って(特に遠距離)って、こんなに緻密なものなんだ!と
改めて驚かされる映画ですね。
風向き、砂埃、気候、標的の動くスピード、その他あらゆることが
射撃の命中に影響してしまうんですよね。
遠方の敵を撃つにも、スコープからみる位置が1ミリでもズレたら
向こうに着弾するのも何メートルと、違ってきてしまう世界。
すごいです・・・・

マーク・ウォルバーグ、頑張ってます!

CIAの依頼で、「お国のために!」と愛国心から仕事を引き受けた
軍の名射撃手ですが、CIAの裏切りによって、敵陣地に取り残され、
悲しい目に遭うのですが、3年後、また「大統領暗殺の阻止」を
依頼され、引き受けてしまったがために、これまた大変な目に遭う
んです。

何が大変なのかちょっとでも書くと、面白くないので今回はネタばれ
を控えますけど。

射撃って、ほんと冷静さがどんなときでも必要で、焦りだすと
的に当たらなくなるし、自滅です。
敵が、10センチ先にいようとも、冷静に身を隠し、冷静に機会を
伺って射撃しなければいけない、そんな世界のスリルを描き
ながら、色んな知識を駆使して敵を圧倒する今回のヒーロー、
マークは格好いいです。

彼は、いい役者になってきますね〜。

この作品なら、もう1回見ても楽しめると思うので、DVDは
買ってもいいかなと思えますね。
DVDを買う趣味が無い人は、買わずともレンタルするだけでも
価値があると思います。




JUGEMテーマ:映画


アクション03:33comments(0)trackbacks(0)