● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

08
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
| 1 / 1 pages |
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
トワイライト〜初恋〜
JUGEMテーマ:映画

日本でこの映画が公開される前から、アメリカ人の友人がこの映画のことを
話していて、いい大人なんですがハマっていたんですよ。
だから、期待してみてみました。

内容は、ある高校に転校してきた女子高校生が、謎めいた同級生と
互いに惹かれ合ったけれども、その同級生が何年も生きながらえている
ヴァンパイヤだった、という話です。

この映画は、日本ではヒットしてないようなんですよね。
何故かなと思ったんですが、この映画、どこか少女コミック風なところが
あるんですけど、アメリカでは少女コミックのファンタジー漫画って、
日本みたいに溢れていないので、そういうジャンルに慣れていない
アメリカ人には受けたのかなあ、と。

この映画、怖さもミステリアスさも中途半端でした。

でも、続編は見るつもりです。なぜなら、ダコタ・ファニングやキャメロン
ブライトという名子役とうたわれた役者が、10代後半に成長し、その
姿を披露してくれるから、でした〜。
楽しみです。

 
ファンタジー08:16comments(0) | - |
tape
グレムリン
JUGEMテーマ:映画
 
これ、ファンタジーの書庫にしたのですが、ファンタジーだけどパニックでも
ありホラーでもあるんですよね。

ザック・ギャリガン(後にも先にも彼を見たのは、この映画が最初で最後)
扮する青年が、モグワイといわれる生き物を手に入れます。見た目は
愛らしいぬいぐるみのような生き物なんですが・・・・
この生き物を飼うにはルールがあるんですよ。

その1>水を与えるな。

その2>0時過ぎて餌をやるな

その3>日光に当てるな


という三つのルール。

でも、これを破ったばかりに、えらい目にあっていくんですね。主人公や
仲間が。


ちなみに、モグワイというのはかわいいぬいぐるみのような状態の時の
名称で、凶暴になるときの名称がグレムリン、なんですょ。

これを見たのは12歳のころです。
あ〜、随分昔・・・。
そのときは、こういう映画が無くてですね、とっても斬新でした。
まあ、めちゃくちゃ面白かったというわけでもないんですけど、最後まで
一気に楽しめました。

これ、スピルバーグ映画と並んで人気があったジョー・ダンテの映画
です。

こういうぬいぐるみ系な生き物が凶暴化するとか、人形が凶暴化するとか
という映画はその後あれこれ作られていきましたね。
この頃の映画は、斬新なアイデアのものが多くてよかったかもしれません。
ファンタジー09:53comments(0)trackbacks(0)
tape
臨死
正月は、この映画で始まりました。
原題は「ザ・インビジブル」で、消える、というような意味です。
ホラー映画と思っていたのですが、サスペンスファンタジーという
ような感じでした。
だから、怖いシーンはありませんでしたね。
というより、別の意味で怖いと思う部分がありました。
人間のすることの方が、幽霊より怖いわ、みたいな。

優等生のニックがアニーという不良娘に殺され、霊が肉体から
離れ成仏せずに人々に自分の存在をアピールしていくうちに、
自分の生死の実態やアニーの本当の人物像が分かっていくんです
ね。

これ、アニーが美人だったので、こんな展開でもありかなと思った
けど、アニーがブッサイクならニックもアニーに同情しないで
しょう(笑)

アニー役のマルガリータ・レヴィエヴァは、ハリウッドでは珍しい
ロシア人。最初、”ナタリー・ポートマンに似ているなあ”と
思ったんですよ。そう、ナタリー似の美人です。
今後は、アシュトン・カッチャーとの競演や、他にも出演作が公開
される予定なのですが、期待したい女優です!
いやあ、美人は目の保養になりますねえ(笑)

ストーリー的には、詰めが甘いというか、結局この結末かよ?みた
いな、ちょっと期待はずれだし、「あなたを愛しているから」といった
(”ほほう、アニーはニックに対してそういうことか”と思わせる
展開の割りに、前半めっちゃ残酷なことしてるやん、みたいな感じ
ですよね。)
アニーの行動は、愛しているのかと疑うほど前半は非常に身勝手で
あり、ニックもアニーに同情したり助けを求める割には、最後、
意外にあっさりしてますよね。あれが、納得いかんな〜みたいな。
お涙頂戴にしてしまうと、これまたこの作品の雰囲気が変わりすぎて
しまうので、難しい話ですが。
だから、この映画を冷静に見てしまえば「人類愛など陳腐なもの」と
思わざるを得ない。人々は自分勝手に生きているものだなという
ある意味、違う怖さも感じちゃいました。監督がそれをテーマに
したかったわけではないのでしょうけど。

マルガリータ*画像は
ナタリー似のマルガリータ・レヴィエヴァ。今後、期待したい女優。


DVDは、買うほどでもないかと思いますが、
レンタルも悪くないと思います。

JUGEMテーマ:映画


ファンタジー21:09comments(0)trackbacks(0)
tape
レディホーク
評価:
ミシェル・ファイファー,マシュー・ブロデリック,ルトガー・ハウアー,リチャード・ドナー
20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
主演のルトガー・ハウアーって、あまり惚れ惚れするような役は
しないのですが、この作品のルトガーは別人で、なんだか渋くて
格好いいです(外見は別として(笑))

これは結構昔の作品ですが、今でも観れるんじゃないかなー。
なかなか普通に楽しめるというか、ジーンとくるというか、夢が
あります。

愛し合っているルトガー扮する男と、ミシェル・ファイファー扮する
女。ところが、彼らに嫉妬した司教が、彼らに呪いをかけるのです。
おーっと、ここまで書いたら、今公開中の「スイニートッド」み
たいですね。

でも、ここからが違います。なにせ、ファンタジーですから(^_^)

彼らはどんな呪いをかけられたかと言うと、男は昼間は人間ですが、
日が落ちると狼になってしまい、女は夜は人間ですが、夜が明けると
鷹になってしまう。
二人は、人間同士としては、会えなくなってしまったわけです。
切ないですぅ〜。

でも、この後に数人の助けから、二人の運命は変わっていきます。

明るく良い映画を見たいな〜っていう気分の人には、このファンタジー
大人のファンタジーの世界を楽しめるのではないかなと思いますよ。


監督は、夢を与える映画を製作するリチャード・ドナーでした。
ちなみに、彼のほかの作品としては、
スーパーマン
オーメン(夢は与えませんが)
グーニーズ
ロストボーイ
リーサルウェポン
3人のゴースト
Xメン
16ブロック
などがあります。


JUGEMテーマ:映画


ファンタジー14:12comments(0)trackbacks(0)