● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

08
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
| 1 / 1 pages |
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
バイオハザード5/オルタナティブエディション
 
このゲームがしたいがために、テレビを買い替えプレステ3を買った
次第です。
面白くなければどうしよ〜、なんですが、これがまた面白かったん
です!元は取れるくらいゲームしました(っていうか、今もしてます)。

多くのゲームは、数日間やり続けて「はい、さようなら」な自分。
でもこのゲームは何度でもやってしまう、何度でも遊んでしまうの
です。

ストーリーがついた本編のゲームには、
アマチュア
ノーマル
ベテラン
プロフェッショナル
と4ランクの難易度でゲームが出来ます。

前作「バイオハザード4」でも、アマチュア、ノーマル、プロフェッショ
ナルという難易度があったのですが、今回のバイオ5のベテランの
レベルが、バイオ4でのプロのレベル。バイオ5のプロフェッショナル
は、恐ろしく激ムズです。

バイオ4では、主人公レオンは、大統領の娘アシュリーと共に行動
しますので、2キャラで移動するのですが、最初はレオン一人だけ
だし、アシュリーは攻撃もなにもしないで後をついてくるだけなので
すが、
バイオ5は最初から2キャラで、しかも二人ともが敵を攻撃します
ので、協力プレイです。

オンラインでしないときは、自分が操作する以外のキャラはコン
ピューターが動かしてくれます。まあまあな動き。
でもオンラインのときは、相方も誰かが操作をしてくれるので、
敵を倒すときの連携体術なんか面白いです!バイオ4にはない
楽しみ方が出来ます。

プロフェッショナルモードの場合は、協力して助け合わないと、
すぐにどちらか死んでしまうので、協力は必須です。死にかけを
助けてあげたり助けてもらったり、武器や弾をあげたりもらったり
しながら進んでラスボスを倒しにいくわけです。

それからもう一つ楽しいのが、ミニゲームの存在。
マーセナリーズと、マーセナリーズリユニオンがあります。
マーセナリーズでは、時間内に敵を倒してスコアを更新するのが
目的のようなゲーム。マーセナリーズリユニオンもそうなのですが、
過去のバイオハザードのゲームのキャラクターを選べたりします。
レベッカとバリーが登場。また体術連携が面白いがリユニオンの
方です。
マーセナリーズのほうは、ウェスカーが使えるのですが、瞬間
移動が出来る面白さがあります。
これらのゲームもオンラインで協力しながらプレイできます。
一緒に戦う面白さがいいですね。

またミニゲームとして、対戦型のもありますし、バイオ4でいう
エイダ編のような「もう一つのストーリー」をゲームとして楽しめる
ものが二つもついていて、それは
クリスとジルが主人公のゲームと
ジルとジョシュが主人公のゲームが付属してます。
(それが、オルタナティブエディションです)

発売されてから2年近く経とうとしているのですが、まだまだオン
ラインで世界各国の人がプレイを楽しんでいるくらいハマるゲーム
ですね。この値段はお得すぎると思います。

ああ、バイオハザード5のストーリーはどんなゲームなの?って
方に・・・
簡単に言えば、バイオテロを阻止するクリスとシェバが、悪党を
追いながら、道中でウィルスに侵され凶暴化した人間やモンスター
と戦いながら進む、アクション・シューティングゲームです。
初期のバイオとは違って、同じ場所を謎解きで言ったりきたり
する必要は無くなりました。
アフリカが舞台で、バイオテロで人間じゃなくなった村の人々の
襲撃を交わしながら首謀者であるアーヴィングを追い、でも実は
その後ろに黒幕がいて、そいつも追うことになっていく展開です。

初期のバイオから登場しているクリスが主人公。相方は新キャラ
のシェバ。シェバがなかなか頼もしいです。アシュリーみたいに
足を引っ張らないしね(笑)

シェバが飛行機から落ちてしまいそうになる瞬間にクリスがジル
を思い出すシーンは、短いながらちょっと心にグッときます。
ジルはクリスの本当に良い相棒だったんだなと。
まだこのゲームをしていない方のために多くは語りませんがw

迷ってる方がいたら、是非やってください!
この値段はお得なので借りてやるより買ったほうが絶対いいですよ。

TVゲーム20:07comments(0) | - |
tape
ゴーストリコン(PS2)
JUGEMテーマ:エンターテイメント

このゲーム、今時のゲームにしては非常に絵が荒く、いいCGやデザイン
になれている人にすれば「なんじゃこりゃ」っていう荒さです。

でも、ゲームとしてはとても楽しめました。満足しています。何回やったか。

特殊部隊のリーダーとなって、ミッションをこなしていきます。
敵の陣営に乗り込んで制圧するというミッションがほとんど。
メダル・オブ・オナーと違って、敵が優秀?で目や腕がいいので、敵に
先に見つけられて射撃・狙撃されることが多いですので、隠れる技術も
問われます。

自分が撃たれて死ねば、別の隊員の視点に切り替わってゲームを継続
出来ます。確か、6人編成だったように思うので、6人分プレイできるん
ですけど、結構すぐに命を落とすので(ライフゲージが短い)要注意。
また、3人3人に分かれて自分で部隊を指示して移動させたり作戦を
取れます。

ドンパチ、ドンパチと騒がしい戦闘ゲームじゃなく、意外に静かなゲーム
でしたね。大勢に襲撃されたり、武器の種類が豊富で派手な武器がある
というわけではないからです。
静かに狙撃を楽しむ、という感じに近いかも。

これは買って損はなかったな〜。
何度もしましたけど、もう1度したいです。


 
TVゲーム15:14comments(0)trackbacks(0)
tape
メダル・オブ・オナー ライジング・サン
 
第2次大戦のアメリカ兵になって戦うシューティングゲームは多く存在
しますが、それは大抵、敵はドイツ人です。ところがこのゲームは日本兵
が敵、という珍しいゲームです。

敵が日本語で話している日本語には、何故か笑ってしまいそうになります
が。
「ヨシダがどうのこうの」
「おのれ!」
とか。

しかも、このゲームの他のシリーズとは違って、要塞の中に潜入という
のはなく、ひたすら東南アジアのようなジャングルの中で、蛸壺の日本兵
を撃ったり刀で切られたりと、ちょっと異色。

メダル・オブ・オナーの「史上最大の作戦」を先にやってしまうと、難易度も
低いし単調で物足りないかもしれません。でも、難易度が高いのは駄目と
いう人には十分なのかな。

あまり印象に残っていないゲームです。

TVゲーム15:06comments(0)trackbacks(0)
tape
ディノクライシス
 
もう随分前にしたゲームですが、恐竜の世界を生き抜いて脱出する
単純なゲームでした。
要領としては、非常にバイオハザード3に似ているのですが、なんせ
敵がゾンビではない分、怖くなく、スムーズにやり進めることができます
ので、
”バイオハザード、やりたいけど怖い。でも、バイオハザードみたいなの
をやってみたい”と思う方には良いかもしれません。

ほんと結構スイスイやれて、あっという間に終わらせてしまうことが
出来るんですけどね。でも、女性でも怖がらずに楽しめますよ。
まあ、2まで買おうとは思えなかったですけど(汗)。
1が安く手に入るならやってみては?

TVゲーム23:42comments(0)trackbacks(0)
tape
俺の屍(しかばね)を超えてゆけ
 
俺の屍を超えてゆけ・・・略して「オレシカ」。
かなりハマりました。
でも実はコレ、最後までクリアできてないんですよ(汗)
いいところまでいっていたのですが、忙しすぎて時間がなく結局
人に譲ってしまいました。
今あればもう1回チャレンジするのになあ。

・・・って、これどんなゲームやねん、ってことなんですけどね。
詳しいことは忘れてしまいましたが、日本の平安時代とかそんなような
時代っぽい話です。(昭和とか明治じゃありません)。
酒せん童子?かなんかっていう鬼の化け物がいて、人間に呪いを
かけたため、人間は2年したら死んでしまう運命になってしまうのです。
そしてまた、人間同士では交配して子孫を儲けることができなくなった
ため、その呪いを解こうと人間が鬼を退治する物語です。
それで、その鬼を退治する前に、他の妖怪をたくさん退治しないと
いけない設定になっていて、色んな妖怪が登場します。
そしてそれらは強いので、何度も倒していきやっと鬼にたどり着いて
戦って勝てば終了、てな感じです。

でも、2年の周期で人間は死んでいくので、子孫を残さないといけない
のですが、人間同士では交配できないので、神様と交配することで
子孫を設けることができます。
これが結構面白いのです。
色んな神様がいて、またそれぞれに色んな能力を持っていたり、
ある能力は非常に劣っていたりして、それを自分の好きなキャラの
人間と交配させると子孫が誕生するのですが、その子孫が親になる
人間からどのような特質を受け継いでいるのかが見ものです。
高い能力を持つ人間と高い能力を持つ神様を交配させると、高い能力
をもつ子孫が誕生するので、それを一杯戦いに出せばますます戦闘
経験や能力もアップし、妖怪たちを倒しやすくなります。

また妖怪たちを倒しにいくのは一人ではなく、何人かで編成するの
ですが、色んな能力を持った人で編成するのも楽しみの一つです。

これを考えると、ちょっと「信長の野望」に似ていると思います。
あれは、戦国の大名や家臣を色々戦闘配置して敵と戦わせます
よね。あんな感じです。

それでこのゲームの場合は、2年のサイクルでそのキャラは死んで
いくので、死ぬまでにどんどん子孫をもうけて戦闘経験を積ませて
能力を高くしていく、みたいな感じです。
あとは同じく「信長の野望」と似ているのは、町を開発していくこと
です。そして商業や農業を盛んにしてお金を得て、その得た金銭額
で交配できる神様の質を選ぶことが出来たり、武具を購入できる
んですよね。

「信長の野望」の方が先に発売されている(しかも、16年も前!!)
ので、このゲームがちっと色んな要素をパクっている、なんてこと
も言えなくはないのですが、これはこれで面白いですよ。
死んでいくキャラの台詞がそれぞれあって、それも切なかったり。
自分の好きなキャラが死ぬのは寂しいものです。

TVゲーム21:54comments(0)trackbacks(0)
tape
バイオハザード4
長年のバイオFANの方がたまに「バイオハザード4は、バイオじゃねえ」
と、ツウで上から目線で話していますけど(ゾンビが出てこないからとかね)
そんなの言う人はバイオハザード4の動画とかしなくていいし、似たような
仕上がりになっているバイオハザード5もしないで帰ってよし、って言いたく
なります。
いつまでも古いものにこだわっているだけではないか?と思いますね。
操作性や爽快さ、アクション性など格段上になっているんですよ、バイオ
4はね。しかも「バイオハザード」という現象は、何もゾンビに限ったもの
ではないわけですから。

個人的には、バイオハザード4は楽しかったです。
勿論、怖さで言えば、音楽も暗さもバイオハザード1〜3の方がキモチ悪い
ですけどね。
でも、気持ち悪いからやりたくない、怖いからやりたくないっていう人には
このバイオハザード4は、やりやすいと思うし、かえって広い範囲でユーザー
が増えたのではないか?と思うのです。

自分としては、バイオハザード4の良さと挙げると、
・謎解きが出来ない場合、同じ場所を何度も行ったりきたりしなければいけ
 ないということが4ではかなり減ったので、飽きが来ないで進めていく
 ことが出来る
・武器がグレードアップできる
・実は色んな遊び要素がプレイ中にある。
  (例)卵が武器、魚釣り
・ボートに乗って操作できる
・体術が使える
・音楽や主人公が格好良いので、映画の主人公にでもなった気分でプレイ
 出来る。
・怖さが減ったので、何度もやり直したりして遊べる
・前作までにあるような、謎解きがメインではない
・アイテムBOX制が廃止され、アイテムを持ち歩くことが出来る

などなど、様々あります。女性でもバイオをやる人が増えたのではない
でしょうか。

前作までは、いわゆるTウィルスによる人類のゾンビ化が舞台みたいな
感じでしたけど、今回はなんでしょう、ゾンビというより洗脳された狂気
の人々、モンスター化された村人ってな感じです。

先ほども書いたように、謎解きがメインじゃないので、これはかなり助かり
ます。1〜3の謎解きの必要性がよく分からないのです。
その謎を解くまで、何回も不気味な道を戻ったり進んだり、また戻ったり
しなければならないのは1〜3までのシリーズにあり、それは自分にとって
苦痛でした。
別に戻らないでも、先に進む形で謎解きだって設定できるはずなのに
また前の場所に、それも1回や2回ではなく何度も戻らなければならない
のはとってもとっても苦痛でしたよ。
んで、アイテムをちょっとしかもてないので、アイテムを取りにアイテム
BOXのある部屋まで戻らなければいけなくことが多く、また謎解きの場所
からアイテムBOXの部屋までが遠いんですよ!!遠すぎ!
その道のりを走らせる操作が退屈で退屈で仕方がなかったです。
だから、この4はそれが解消されていて、謎解きでも、解くために違う部屋
へ行くことで楽しみが増えるのが良かったです。


バイオハザード2をやり損ねたので、2の主人公だったレオン・S・ケネディ
が自分にとっては初キャラだったわけですが、レオンが渋いので2もやりた
くなりました。
2のレオンは動画を見る限りでは、グラフィックも動作ももたっこいですが
4のレオンはハンサムで格好良く、運動神経も射的能力も抜群です。
同じく2で見るエイダ・ウォンも美しい姿で再登場しているので、ハンサム
と美女のワクワクする組み合わせで、2人の関係はどうなるのかという
ワクワク度も増しています!

今回の設定は、アメリカ大統領の娘アシュリー・グラハムがスペインの
ある村の宗派に誘拐されたことで、大統領エージェントのレオンが彼女を
救い出しにいくところから話が始まります。
スペインのある閉鎖的な村に行った早々、レオンは狂人化した村人から
襲撃されこの村の得体の知れない怖さを経験します。
そこで、時にはエイダが現れレオンを陰ながら助けたり、レオンの任務を
阻止しようとクラウザーという事故死したはずの昔の同僚も登場します。
エイダの目的は本当は別のところにあり、それもミステリアスです。

このバイオ4は、1〜3と話がつながっているようでつながっていないです
ので(今のところは)、1〜3などをプレイしなくても十分楽しめます。
Wiiバージョンでした場合は、リモコンをまわしたり振ったりする操作も
加わって、プレーステーション版とは違う味わい方ができますし、射撃も
より射撃っぽく出来ますよ。

怖いけどバイオをやってみたい、って方は、4から入ると怖くないかも
知れません。
自分は気に入って、何度もやりました。
最初はEASYモード、次はノーマルという感じで最後はプロモードでも
やって、何周やったことか。ゲームの元は取れました!
また付属の「マーセナリーズ」も、限られた時間内に敵を何人倒せるか
というミニゲームという形でついていて、これまた非常に楽しめます。
















JUGEMテーマ:エンターテイメント
 
TVゲーム21:19comments(0)trackbacks(0)
tape
バイオハザード3 ラストエスケープ
JUGEMテーマ:エンターテイメント

新しく書庫を作ってみました。「TVゲーム」書庫です!
実はゲーマーじゃないんですけど、半年に1回程度、無性にゲームを
したくなるのです。そうやって、ゲームをするようになり始めてから
10年ちょい経ってきたので、これまでやってきたゲームを紹介したい
と思います。
とは言っても、結構あうすジャンルが偏っているのでお許しください。
色んなジャンルにはそんなに興味が無いのです。

さて。記念すべき1回目は、初めてやったバイオハザードシリーズの
ゲーム「バイオハザード3 ラストエスケープ」について紹介したいと
思います。

これ、タイトルでは「ラストエスケープ」になっていますが、今もシリーズ
が続いていることを考えると、全然ラストエスケープ(最後の逃走)じゃ
ないですよね〜。でも、それはバイオハザードFANとしては嬉しい話
なのです。

これはバイオハザード1で登場したジル・バレンタインというS.T.A.R.S
というグループに所属する女の人が主役です。
ラクーンシティという街がバイオハザードに侵され、町中の人々が
ゾンビ化する中で脱出を図るゲームという感じでしょうか。

初めてこんなアクションゲームを手にした自分には、何がなんだか
分からないまま進んでいきました。
あの音楽、「ぁあ〜ぅ」というゾンビの近づいてくる音、あのローディング
の待ち時間の怖さ、その際に聞こえるドアを開く音、もう何もかもが
怖くて怖くてですねえ。今思えばよくあんなゲームを最後まで出来た
なあと思いますよ。

あと、バイオのゾンビ化されたキャラの中では小物なくせに、意外に
ハンター、ケベロスなどのゾンビ犬やカラスが面倒で嫌いでした。
あれらに襲われたりつつかれたりするときの、ジルの「ああ」って
言う声もなんかイライラさせます(笑)

途中でカルロスが登場したときはほっとしたのに、2人での行動って
ないんですよね。それどころかジルが途中でゾンビの毒にかかって
しまうことで、それを救うためにカルロスを操作してゾンビのいる
病院に入っていかなきゃいけない!カルロスは持っている武器が
確かほとんどなかったと思うんですよ。だから心細さ倍増です。
でも武器を持たないでもやっていける展開に設定してあるわけ
なんですが。

印象に残っているシーンは、墓地や池?ため池?みたいなところ
と、その地下に出てくる大型の生き物です。
あれがなっかなか倒せなくてですね、最初。諦めてゲームを止めて
しまおうかと思ったくらいでした。
それと最初にボスが「スターズ・・・」と言って現れる警察署のところ
も衝撃的でした。思い出しただけでも鳥肌が立ちます!
あれにつかまると振り回されて飛ばされるんですよね。で、逃げたい
のになかなか逃げの体制に入れないわ、ジルの体力も激減して
片腕をかばう姿勢(体力がなくなると、その姿勢に入るのが特徴)
になってしまう。初戦は苦労しました。

なんか3までのバイオハザードは謎解きが結構難しくて、何度も
同じ道を行ったりきたりしなければ行けないのが4やクリニカルズ
と違う点です。
そういう意味では、その点はあまり好きじゃなかったです。

でも星4つをつけたのは、やっぱり怖い怖いといいながらも一つの
ステージが終わるごとの達成感は何よりも大きかったので、
十分楽しめたからです。

これは1度、きゃあきゃあ言いながらやって欲しいですね。
しかし、Amazonで見ると4万円台になっているのはどういうこと?
今、中古ショップにいくともっと安くであるんじゃないでしょうか?


TVゲーム07:50comments(0)trackbacks(0)