● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

08
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
| 1 / 1 pages |
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
西太后
評価:
リュウ・シャオ・チャン,リャン・ジャー・ホー,チェン・イエ,パン・ホン,マーガレット・リー,リー・ハンシャン
¥ 12,584
これ、かなり子供のころに見たので、あまり覚えてないんですよ、
実は(笑)。

でも、「西太后は狂気の女」っていうイメージが出来てしまった
ほど、彼女の残虐さは頭の中にインプットされてしまいました。

そもそも西太后は、王と結婚してはいけない部族か何かだったん
ですけど、それでも彼女は権力をほしいままにしていく図が
描かれています。

その「権力維持」のために、彼女が何をしたかが、非常に恐ろしく、
ドラキュラ伯爵並みですね(笑)。

ドラキュラ伯爵って、敵兵を串刺しにしてさらし物にしたのは
有名ですが、西太后は、自分の憎い女(自分より愛されていた
王の愛人)の両腕と両足を切って、でも死なないように生きながらえ
させ、胴体が入るくらいの壷にいれ、保存して生かしておくの
ですから、やることがさすが、大陸の人間・・・残虐です。

ほかにも、「ええええ?その人も殺すの!?」と思うほど、
自分の権力を愛し、人は愛さなかった西太后。

彼女の壮絶な人生を見ることが出来る映画だと思います。
結構、淡々と話は進むんですけどね。
内容は「淡々」じゃないですよ(汗)




JUGEMテーマ:映画


歴史ドラマ17:59comments(0)trackbacks(0)
tape
宋家の三姉妹
評価:
マギー・チャン,メイベル・チャン,ミシェール・ヨー,ヴィヴィアン・ウー
中国の歴史って、中学生くらいにかじっただけの無知な私ですが、
小説「石の猿」を読んだときに、ちょっと中国の背景が気になり、
この映画をレンタルしました。

出演は、マギー・チャンとミッシェル・ヨー。この映画が公開された
ときからそうですが、今も続けて、中国を代表する大女優たちです。
年齢は二人とも40代くらいでしょうかね。今の段階で。

ミッシェル・ヨーは、最近ハリウッド映画にも進出していますね。

さて、映画のことですが、
無知な私でも知っている、中国の偉大な指導者「孫文」「蒋介石」は
それぞれのお嫁さんを、宋という一族からもらっているんですね。
知りませんでした。それだけ、宋家は当時の中国ではすごかったので
しょう。実際、彼らは大金持ちで、小さな頃から英語を学んで、バイオリン
やピアノも習って、当時の貧しい貧しい中国のことを考えると、
異例なほど異例なお金持ちだったようです。

宋家には三姉妹いて、長女は孔子の75代目の孫と結婚します。
夫となる人は大金持ちで、長女はお金を愛した(映画が始まる冒頭で
そのようなキャッチフレーズが出ます)。
次女は、親子ほど年の離れた孫文(総理大臣)と結婚し、祖国を愛し
ます。
三女は、蒋介石と結婚し、権力を愛するのです。

ただの歴史ドラマみたいなものなので、取り立てて感動するような
シーンがあったりするわけではないのですが、勉強にはなりましたね。
中国の歴史もなかなか面白いなと。

まあ私は目的?があって観たので、退屈しなかったんですが、そうで
なければ、わざわざレンタルしてまで観る映画ではないと思いました。
じゃあ、テレビ放送があったら観るかって?
いやいや・・・テレビ放送を録画しておいて、何も観るものがなく
なったら、暇がありすぎたら観て?っていう感じかな(汗)

中国の映画は、壮大なものが多いですが、その偉大な歴史をひけらか
すような感じでもある気がします。
歴史ドラマ01:22comments(0)trackbacks(0)