● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

04
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< サボテン・ブラザースTOPページ楽園 >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
卒業
評価:
ダスティン・ホフマン,アン・バンクロフト,キャサリン・ロス,マイク・ニコルズ
東北新社
¥ 2,155
カラーの映画だとは言え、映像的な古さは隠せない映画ですが、
名作と呼ばれるだけあって、今の映画にはないCGなど一切ない
良さ、物語の良さがあります。

この映画のあのシーンだけは、かなり有名ですよね。

「エレーン!!!!」とダスティン・ホフマンが、元恋人の
結婚式に乗り込んで、花嫁を奪い去るシーンですよ。

映画好きじゃなくても、このシーンは結構いろんな人が知って
いると思いますが、では果たして、ストーリーそのものは
知っておられるか、というと、ぐんとその人数は減るのではない
でしょうか。

これは、本当によく出来た作品です。

大学を卒業ばかりのベンジャミン。父親からも母親からも
期待されるような青年です。
卒業を祝った華やかなパーティまで開かれるほど、両親の、彼
への期待と自慢の息子度は大きいのです。
それなのに、それに反してベンジャミン自身は、どうとも言えない
無気力さというか希望の無さをどこかで感じているのです。

そんなときに、幼馴染のエレンの母親にパーティで出会いますが、
エレンの母は、ベンジャミンを誘惑するのです。
実は、幼馴染のエレンのことを気になっているベンは戸惑います。
でもそこで、エレンの母ロビンソン婦人は彼をわざと?馬鹿に
するようなことを言うわけですよ。

「もしかして、あなた経験ないの?」

それで「そんなことあるもんか!」と、彼女の作戦に乗って
しまったわけですね。

しかし何故、ロビンソン婦人は彼と、関係を持とうとしたので
しょうか?彼のことを気に入っていたとは思えないんですよね。
そう見せなかっただけ??

にしても、そのあとの彼はロビンソン婦人によって”男”に
なっていく部分もあるのですが、波乱万丈なことが起こり始め
ます。

あ〜、なんかいい映画だったな〜。
また見たくなってきました。



人間ドラマ11:29comments(0)trackbacks(0)
tape
スポンサーサイト
| - | 11:29 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)


tape
トラックバック機能は終了しました。