● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

04
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< フライトナイトTOPページライフ・オブ・デビットゲイル >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
ユージュアルサスペクツ
出演  ガブリエル・バーン、ケビン・スペイシー
    スティーブン・ボールドウィン

 最後のどんでん返し!のプロ、といえば、小説の世界では
ジェフリー・ディーヴァーの作品が1番の浮かぶのですが、
映画の中では、結末にこれほど驚いた映画は、この「ユージュアル・
サスペクツ」がすぐに浮かびました。それほど、思いもよらない
ラストだったんです。

 「ユージュアル・サスペクツ」というのは、常習の容疑者
みたいな意味で、犯罪の常連者なのですが、5人の常習犯が集
められます。何故、集められたか最初は分からないのですが、
依頼主がいて、その人の言うとおりに犯罪を進めていくうちに、
「カイザー・ソゼ」という謎の男の存在が明らかになっていき
ます。
 カイザー・ソゼの伝説に翻弄される5人の犯罪者たち。
 彼らの結末と、この映画の結末は・・・。

 私はラストシーンを見たとき、思わず「えーーー!」と声に
出してしまいました。やられた・・・。
 この映画で初めて「ケビン・スペイシー」という役者を
知りました。彼の、弱弱しい演技が最高ですね。


犯人が知りたい方へ、今から明かすので、知りたくない方は
ここで終わってね。


















結局、ビクビクおどおどしていたケビン・スペイシーが犯人でした!!
驚きでしょ!
カイザー・ソゼの話をでっち上げて、刑事の頭の中をそっちにやって。
でも、ケビンがそのカイザー・ソゼなのか何か分からないですが、
ケビンが他の仲間を殺したのは確かですね。


また見たくなってきた・・・
サスペンス21:46comments(0)trackbacks(0)
tape
スポンサーサイト
| - | 21:46 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)


tape
トラックバック機能は終了しました。