● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

02
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--
<< ユージュアルサスペクツTOPページバンジージャンプする(韓国映画) >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
ライフ・オブ・デビットゲイル
出演  ケビン・スペイシー、ローラ・リニー、
ケイト・ウィンスレット


 ケイト・ウィンスレットが、映画「タイタニック」にヒロイン
として出演したとき、どうもミス・キャストな気がしてなりませ
んでした。タイタニックのローズ役は、もっとか弱そうな華奢な人
が合う、そんな気がしていたんです。それくらい、ケイトは、元気
な(体格もがっちり気味)気の強い感じに見えました。

 今回、そんな彼女は正義感の強いジャーナリスト役を演じています。
 ある日、彼女は「デビッド・ゲイル」という死刑囚にインタビュー
を依頼されます。自分が死刑になる前に、自分が起こした事件の真相
を話そう・・・。それが彼の願いでした。

 ケイトは、ケビン・スペイシー演ずるデビッド・ゲイルについて
調べてみますが、彼は「死刑執行反対」の団体にいて、熱心に
その活動を繰り返していたことが分かります。「誤認逮捕」や
「無罪」の人を死刑にしてしまう可能性のある死刑制度に、ローラ・
リニー扮する恋人と反対運動を起こしていたのでした。
 そんな彼が次々と事件を起こし始め、それらは、殺人をする
ほどの事件ではありませんでした、ついに恋人のローラを殺した
容疑で逮捕されてしまうのです。彼は無実を訴えますが、皮肉にも
死刑が確定してしまいます。
 そんな彼が、ケイトに真相を話し始めたのです。
 その真相とは・・・?

 これは、社会派ドラマですが、最初はテーマがテーマだけに
ちょっと堅苦しい感じで進んでいきます。ところが、これもまた
ラストで衝撃を受けてしまいました。
 「えーーーー!!」みたいな。
 これが、もし実話だったら、大変恐ろしい話です・・・・。
 この映画で、ケビン・スペイシーもさることながら、助演の
ローラ・リニーの演技には脱毛・・じゃなくて脱帽です。
 彼女の「反対運動」がエスカレートしていく様子と、また最後の
演技が熱演です。ローラ・リニーの顔は何か軽薄そうなので好きじゃ
ないのですが、最新作の「エミリー・ローズ」といい、演技派である
ことは間違いなく、私の好きな女優の一人になりました。
社会派ドラマ20:40comments(0)trackbacks(0)
tape
スポンサーサイト
| - | 20:40 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)


tape
トラックバック機能は終了しました。