● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

07
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< バンジージャンプする(韓国映画)TOPページプラトーン >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
コフィン・ダンサー
評価:
ジェフリー ディーヴァー
¥ 1,950
(2000-10)

昨年末からハマっているのが、ジェフリー・ディーヴァー作品で
今回おススメするのがその1つ、「コフィン・ダンサー」という作品です。
ハードカバーで450ページあって、かなり分厚いですが、一気に
読み進めていけるほど、めちゃくちゃ面白いのです。

そもそも、彼の作品は映画「ボーン・コレクター」で知ってはいました。
あの映画も、かなりゾクゾクするサスペンスで、ラストを除けば(笑)
非常によく出来た作品で、アンジーがぴったりな配役でした。

あの作品は、事故で体が麻痺して寝たきりの刑事リンカーン・ライムと
一巡査官のアメリア・サックスの出会いの作品で、二人が協力しあって
連続殺人犯を追う話でしたが、
この「コフィン・ダンサー」はその続編にあたり、また二人が登場します。
今度は、コフィン・ダンサーという頭脳明晰で凄腕の暗殺者を追う話なの
ですが、出だしから「ええええ??そうだったの!?!?」という
J・ディヴァーならではの展開で物語は始まります。

もう、映画を見ているのかと思うほど、描写が細かく(でも苦にならない)
まるで目の前でストーリーを見ているかのような錯覚に陥ります。

科学捜査で、犯人が残していった証拠を分析し、プロファイルしながら
犯人の居場所を突き止めていくストーリーに、読者は飽きを感じずに
ハラハラしながら読み進めて行くことになるでしょう!!

絶対、コフィン・ダンサーも映画化して欲しい〜〜〜!
勿論、アメリア・サックスはアンジェリーナ・ジョリーで!

かって損は無い1冊です。
読み終わった後、必ず「おおおおおおお」と言ってしまうでしょうね。
星5個中5!120点満点です!
ジェフリーディーヴァーの本!21:05comments(0)trackbacks(0)
tape
スポンサーサイト
| - | 21:05 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)


tape
トラックバック機能は終了しました。