● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

04
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< 告発の行方TOPページ誰も知らない >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
ヴェロニカ・ゲリン
評価:
ケイト・ブランシェット,ジェラルド・マクソーレイ,シアラン・ハインズ,ブレンダ・フリッカー,ジョエル・シュマッカー,キャロル・ドイル,ジェリー・ブラッカイマー,メアリー・アンガスドナヒュー
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
¥ 1,349
実話だということで、非常に重みのある映画であり、こんな現実を
知って、ある意味ショッキングだったりする映画です。

アイルランドの麻薬事情(199年代)の酷さに、冒頭から驚かされ
ます。西ハリウッドの街も似たようなものかもしれませんけど・・・。

子供が麻薬で死んでいく現実や、幼児が覚せい剤用の使用済み注射器
で遊んでいる場面に、ヴェロニカは「この国をなんとかしなきゃ」と
記事にする記者です。

そして、危険な人物達との接触が増えていくんですが、誰が見ても
「ダメ!やめときなさいって!それ以上かかわったら、あなた、
殺されるよ!」って思う無謀かつ大胆な取材。

ギリガンという恐ろしい悪人と、ケイト・ブランシェット扮する
ヴェロニカのシーンが、見ているほうも非常に怖かったです。
ギリガン役のジェラルド・マクソーリーは、非常に名優ですね。
彼は一見、大人しそうなおじさんに見えるのに、瞬間湯沸かし器
のように、突如切れて暴力的になる・・・
いろんな人が、マフィアをこれまで演じてきましたが、彼の演じる
犯罪組織のボスは、5本の指に入るほど怖かった。すごいです、こ
の俳優。

で、ケイト・ブランシェットもやはり、すごいですが、演出なのか
分かりませんけど、あまりにも楽観で無防備な犯罪組織取材記者だ
なという印象でした。

1時間半あるかないかの短い映画ですが、よく描かれていると
思います。

ヴェロニカの功績で、アイルランドや国民の意識が素晴らしい
方向にかわったのが感動しました。
ヴェロニカも喜んでいることでしょう。


JUGEMテーマ:映画


社会派ドラマ03:17comments(0)trackbacks(0)
tape
スポンサーサイト
| - | 03:17 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)


tape
トラックバック機能は終了しました。