● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

07
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< コフィン・ダンサーTOPページユナイテッド93 >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
プラトーン
評価:
チャーリー・シーン,オリバー・ストーン,トム・ベレンジャー,ウィレム・デフォー,ケヴィン・ディロン,フォレスト・ウィテカー,ジョン・C・マッギンリー,フランチェスコ・クイン,デイル・ダイ,ジョニー・デップ
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
¥ 900
この作品も、中学生の頃に見て大きな衝撃を受けた作品の一つです。

それまで戦争映画って見たことが無かったんですけど(中学生だし)、
そうでない大人になった今でも、衝撃的な作品です。
よくある戦争映画の「腕が飛ぶシーン」なんかでのリアリティも
さることながら、敵が密林の中から現れるときの待ち伏せ時の恐怖や
見えない敵との駆け引き、敵を”戦争だから”という名で残虐に
扱う兵士たちの深層を、見事にリアルに描いています。
そして、映像で見せるリアリティだけではなく、戦争時における人間の
本性と心理を見事に描いているので、当然、本作品はその年(1986年)の
アカデミー最優秀作品賞、監督賞などを受賞しました。

出演者は非常に豪華で、先日アカデミー主演男優賞を受賞した
フォレスト・ウィテカーまで出ていて「こんな所にも出演していた
んだ!」と驚かされます。
他には、現在大人気のジョニー・デップ(パイレーツ・オブ・カリビアン
シリーズ)も、ベトナム人の通訳兵士の役で登場し、先導切って森を
歩きながら敵の待ち伏せ兵に撃たれチャーリーシーン扮するテイラー
に助けられる、というちょっとだけのシーンで登場します。
他には、この作品のパッケージ(両腕を伸ばしている人物)になって
いるウィリアム・デフォー、
トム・ベレンジャー(彼はこの作品が強烈過ぎて、この作品以降、
パっとしない役ばかり演じています)
チャーリー・シーン(この作品で、爆発的な人気を得ます)
ケビン・ディロン(当時から悪役ばかりやっているんですね)
そして、この作品の監督オリバー・ストーンも後半に司令官で登場
します(すぐ死にますが)。

監督のオリバー・ストーンは当時、配役を決める際、トム・ベレンジャー
扮するバーンズの役をウィリアム・デフォーに、ウィリアムの役エリアス
をトムにさせる予定だったそうです。
ところが、悪役ばかりしてきた(そういう顔つきの)ウィリアム・デフォー
を、またそういう役で演じさせるより、トムと交代したほうがいいだろうと
思ったそうです。
人の心の奥に潜む”ずるさ””正義””狡猾さ”を描くのがこの映画の
目的でもあったストーン監督は、そのように決断することで、映画の
深みをさらに増したかったのでしょう。その作戦は大成功でした。
トムは、そのことで、あえて自分の顔に深い傷をメイクで入れてもらう
ことにします。あの傷は印象的ですよね。

トムの演技力が十分に発揮され、尊敬されるリーダーからずる賢い男
への(でも、彼が言うことも一理ある)印象を演じきっています。
彼がアカデミー最優秀主演男優賞を受賞しなかったのが不思議なくらい
です。

また正義感があって心の優しいエリアスを演じるウィリアム・デフォーが
かなり格好良かったし、他の役者の演技力がすごくて、
この映画に登場する役者たちのすごさに、この映画は成り立っていると
思いました。

ただ、これがデビューともいえるチャーリー・シーンですが、”やっぱコネで
出たのかな”って思うくらい、演技が下手ですくもり
しかしながら、その初々しさが、新兵らしさを際立たせていたんですけどね。

戦争って怖い。
触ったもの、持ち上げたもののどれがいつ爆発するか分からない、
歩いた場所のどこにわなが仕掛けられているかも分からない、
どのたこつぼから急に乱射されるか分からない、
敵がどのように攻撃してくるか分からない暗闇を歩く怖さ。
でも、もっと怖いのは残虐になった人間そのものだと感じさせられる
のがこの映画でした。
敵だからといって、あんなことをして許されるの?
自分の罪を正当化するために、人をあんな風に陥れることがまかり
通るのか?
そんなことを考えさせられ、なんとも言えない物悲しい気持ちで
ラストを迎える、というのがこの映画です。

しかし、この映画は3,4回見ましたが、深いです・・・。


戦争ドラマ08:58comments(0)trackbacks(1)
tape
スポンサーサイト
| - | 08:58 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)


tape
http://karuoteki2.jugem.jp/trackback/17
「プラトーン」
プラトーン1987年4月29日 | 上映時間 = 120分| 製作国 = アメリカ| 言語 = 英語| 制作費 = ,000,000| 興行収入 = | 前作 = | 次作 = | allcinema_id = 20373| kinejun_id =| amg_id =| imdb_id = 0
| 映画の缶詰 | 2007/03/04 1:39 AM |