● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

07
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< フォーン・ブースTOPページ石の猿 >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
エンプティー・チェア
評価:
ジェフリー ディーヴァー
¥ 1,950
んんん〜〜〜。

読み終わった後、そんな感じでした。

ジェフリー・ディヴァー作品で、リンカーン・ライム登場シリーズの
第3作目でもあるこの作品、第1話目、第2話目がそれぞれ面白かった
ので、興味を持って読み始めました。

しかし、ディヴァー特有の「どんでん返し」っていうのが無いに等しく
前作のコフィンダンサーの展開が、早くスリリングな内容だっただけに、
この作品のテンポが淡々と進む感じがして、どうも物足りなさを感じ
ざるを得なかった、という感じなのです。

この淡々さで進めるならば、この分厚さは途中で退屈してしまいます。

しかも、この本のまずかったことは、購入時の帯に内容が書かれている
ことが全てで、それ以上は無かったということでした。
つまり、帯に書かれてある紹介文だけで、ストーリーが読めてしまい、
どんでん返しもないので、んん〜〜ということなのです。

勿論、別に読み応えがないわけではないのですが、わざわざ購入する
ほどでもないのかな、というのが正直な感想です。

また、更にちょっと言えば、アメリアの行動が、警官としてあるまじき
行動である上に、最後のアメリアの結末も、なんだか安易な気がして
いまいち納得がいかない終わり方の気がします。ええええ?そんなこと
普通は有り得ないっしょ・・・みたいなひやひや都合が良すぎると
いうかね(苦笑)

新作で購入する
古本で購入する
友人に借りるか図書館で借りる上で暇があったら読む


大好きなジェフリーの作品だからこそ、私の場合は期待が大きすぎたのかも
しれませんね。
ジェフリーディーヴァーの本!18:20comments(0)trackbacks(0)
tape
スポンサーサイト
| - | 18:20 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)


tape
トラックバック機能は終了しました。