● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

04
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< 模倣犯(映画)TOPページブライド >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
デッド・サイレンス
いやあ、久々にちょっと「怖いなあ、この映画」って思えた映画に
出会えましたね〜。詰めは甘い部分は若干あっても、怖さはあり
ました。

映画「SAW」の監督ジェームズ・ワンと脚本家リー・ワネルが
組んだ最新作「デッド・サイレンス」。この2人が組んだ作品だ
からということと、アンバー・ヴァレッタ(トランスポーター2)
やドニー・ウォルバーグ(SAW2、ドラマ「バンド・オブ・
ブラザーズ。マーク・ウォルバーグの弟であり、昔のアイドル
グループ”ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックのメンバーでも
あります)が出演しているということで、お気に入りの俳優も
出ていたので楽しみにして借りました。

で、期待が大きければ大きいほど、もし期待以下だったら落胆も
大きいのですが、これは落胆はなく、むしろこういう出来の良い
作品に出会えて嬉しい、という気持ちが大きかったです。

最初から強烈でしたねえ (||゚Д゚)怖ァ...
主人公ジェイミーの妻のあの顔〜!ウゲー!ですよね(汗)

しかも、やっぱり”人形”が登場するのは怖いですよ。
昔、夜寝る部屋にフランス人形があるお宅に、子供の頃泊まった
とき、子供同士で「わ、今あの人形動いた!」と怖がらせあいなんか
し、みんなビクビクしてましたもんねえ。
なんかぬいぐるみはいいんですけど、リアルな人形って嫌なもんです。
人形といえば、「サスペリア2」にも登場し、めちゃくちゃ怖かった
ですよ。

で。

この映画の演出も良かったです。
メアリー・ショウという腹話術師のおばあさんが住んでいたという
屋敷の作り、雰囲気なんて最高に良かったし、ジェイミーの実家の
雰囲気、お父さんの気持ち悪さ、お父さんと自分しか写っていない、
母抜きの絵画・・・ちょっとゾクッとする感じでいいですねえ。

もちろんもちろん、あのしょっぱなの、妻リサと腹話術の人形が
2人きりになっていたあの辺りの演出も好きです。
昔ながらの怖さが、うまく再現されて懐かしい気がしました。

それからラストの種明かしのフラッシュバック形式の見せ方も
好きですね。SAWのときより好きだな〜。

ただ、そうはいえ、SAWのときの方が絶望感が見ているほうにも
伝わってきたんですが、こちらの映画は結末に意外性があったと
はいえ、ネタを見せなさ過ぎというか、種明かしがちょっと何か
中途半端で、これがおしかった〜。
SAWの方が種明かしがきっちりしていたので、その分わかりや
すかったし、それがますます絶望感を強く感じる助けになりました。
こちらのほうは、最後の「お父さんは実は・・・」の辺りで、
えええええええ!とビックリするんですが、そこからが何か、
エラが犯人なのか、エラは人間じゃなくて人形なのか、これは
幽霊の復讐劇なのか
」がはっきりしにくい部分がありました。
自分がアホなだけなのか?(笑)特典映像の、もう一つの終わり方の
やつをみて、やっとはっきり分かったというか(笑)もう一つの方が
個人的には好きですね。

しかも、「エラのような人間のような人形」という設定と「死んだおばあさんの復讐。つまり幽霊もの」っていうのが、非現実的で、SAWみたいに現実の中で
起こったら怖いと思ってしまう怖さがないというか、
そこがイマイチ
最後にノリきれなかった原因かもしれません。

あれが、「エラが人間であり、実はおばあさんの親類で、復讐のために
皆を殺していった
」というのであれば、またちょっと(見せ方も変わって
はくるでしょうけど)リアリティが加わって、もっと絶望的になれて
良かったのかなって思いました。

結末は要するに(お婆さんが、完璧な人形エラを作って、死んだ後も
幽霊となってエラと共に復讐する
)って感じですかね?え?違う?
エラみたいな美しい人形がいたら、欲しいですけどね(爆)

このDVDの中に特典映像があり、もう一つのオープニング、というのと
もう一つのエピローグがあり、また未公開シーンがあったので、
それらを見ると、よりラストや話の筋が理解しやすいです。

しかしまあ、あの映画で死んでいく登場人物の死に顔を見るたびに、
「これって役者として嬉しいんかな(笑)こんな死に顔を見せるのって」
と思ってしまいましたね(汗)。

これ、もう1回みたいですね、怖いけど!(笑)
DVDは買うのも悪くないな〜と思いました。

久しぶりに、結構満足したホラー映画でしたよ。
やっぱり、ジェームズ・ワンとリー・ワネルはすごい!
彼らの次回作が楽しみです!!



<余談>
昔、友人に連れられ、ある方のおうちに行きました。
その家の方は独身女性で、当時は40代半ばといったところで
しょうか。
その方、腹話術の人形を持ってらしたんですよ(汗)
で、自分の子供のように大事に大事にしてるんですわ(汗)
それで、お茶を入れに席を立たれたとき、いすに座らせて
ある腹話術の人形(自分たちと対面に座らせてあった)を
触ったんですよね、私。
その家の方が席を立たれているのをいいことに。

そしたら友人が「駄目!彼女はそれを大事にしているから、
触ったら怒られるよ!」というので、その腹話術人形を
座らせなおしたんですけどね。

そうしていると、その家の女性がお茶をもって戻られてきた
んですが、その方も席について、さあお話をというときに
ですね・・・・










・・・ゴロン。     ((゜Д゜ll)


なんと、腹話術人形の首が、床に落ちたんどすえ!!!


こえーーーーーー!(゚0゚;ノ)ノヒョエッ!!

一瞬、シーーーーーーーーーーーーンとなりましたわ(||゚Д゚)怖ァ...

私が触ったからですょ( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

━─━─(ェ)笑えま線━─━─

あの人、今もあの人形を大事にしているのでしょうか・・・。



JUGEMテーマ:映画


ホラー00:24comments(0)trackbacks(0)
tape
スポンサーサイト
| - | 00:24 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)


tape
トラックバック機能は終了しました。