● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

04
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< ジェフリー・ディーヴァー短編集「クリスマスプレゼント」TOPページエデンより彼方に >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
ワルキューレ
JUGEMテーマ:映画
ワルキューレ


トム・クルーズ映画はハズレがない。またそんな感じで、良い仕上がりの
映画でした。娯楽映画が多いというブライアン・シンガー監督作品でしたが、
他の「ゴールデンボーイ」や「ユージュアルサスペクツ」のようにシリアス
で完成度の高い映画になっています。

実話を基にした映画で、ヒトラーの失脚を願っていたドイツ将校が
あんなにも沢山いたんだと思うと、なんだか余韻の残る映画でしたね。
歴史の事実では、ヒトラーは自決に追い込まれて死んだっていう
のがあったので、ヒトラー暗殺計画である「ワルキューレ作戦」が
どんな結末で終わるのかは分かってしまっているのですが、でも
最後まで飽きずにハラハラしながら見ることが出来ました。2時間ちょっと
の映画でしたが、あっという間でした。

作戦っていうのは、なかなか思い通りにはいかないものだなと
思います。数々の失敗があって、爆破も結局あんな結果になるなんて
皮肉・・・。神様は何を思って、ああいう悲劇を起こるがままにしたのだ
ろうかと思いました。

この映画を観ながら知らぬ間に、自分ならヒトラー側につくか反逆側
につくか、どちらを選ぶかを選択を迫られているような気がしました。
で、自分の答えは「反逆側」でした。
ヒトラーが総帥になって10年で、数百万の人々が死んだりしていた
とうう悲劇を止めるためにクーデターを起こした将校たちに、自分も
つくかもしれないなと。
まあ、実際の場面になったら恐怖でそんなこと言ってられないかも
しれませんが。

この映画の登場人物であったヘフテン中尉の行動にはジーンと
来ましたね。
なんて勇敢で忠実な・・・男の中の男って感じです。
実際のヘフテン中尉、めっちゃ男前です。
ヘフテン
彼は隠れた英雄であると思います。

ドイツ人の全てがヒトラーのようではなかった、というのを
実感できた感動作でもありました。

今、上映中ですからお時間のある方は是非どうぞ。
(あ、ナチスドイツでヒトラーの側近であったヒムラーは影武者
ではないですので、よろしくどうぞ。あと、ヒトラーの側近のゲッベルス
も登場しますが、この映画は側近を描いている映画ではないので、
あまり気にしないでいいです。)

テレンス・スタンプの登場にはビックリですよ。
ベック将軍の役です。

戦争ドラマ22:48comments(0)trackbacks(0)
tape
スポンサーサイト
| - | 22:48 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)


tape
トラックバック機能は終了しました。