● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

02
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--
<< 告白のときTOPページコールドクリーク〜過去を持つ家〜 >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
見物するにはいいところ/ジェフリー・ディーヴァー短編
評価:
ローレンス・ブロック 編
二見書房
¥ 870
(2008-07-18)

知らぬ間に、大好きなジェフリー・ディーヴァー作品が短編として
ちょこちょこ出版されています。今回は、洋書「More twisted」の
中に収録されている作品の一つが翻訳され、「見物するにはいい
ところ」というタイトルで、マンハッタン物語というミステリコレクションの
本に入っています。

「見物するにはいいところ」は、詐欺師(響きは「詐欺師」というより
ペテン師の方が近い印象)のケルハーという男が、船を違法に売買
する男を詐欺にかけてやろうとするところから始まります。
そしてジェフリーおなじみの二転三転する意外な種明かしが組み込まれ
ています。
が。今回は「どんでん返し!」という強い衝撃というか「やられたあー」
という唸りはなかったですね。
だから、前回記事にしている「つぐない」「生まれながらの悪人」の
短編の中では、第3位です。(1位は、「生まれながらの悪人」かな)。
それでもこの作品も悪くないんですけどね。短編にしては、あれだけ
の内容を短くまとめあげたことを考えれば、やっぱりジェフリーは
天才だと思いますね!

なんか、アメリカではまたスリーピングドールに続く長編新作が出版
されたようです。翻訳がいつになるか楽しみです。

あ、この「マンハッタン物語」ですが、他の作家のお話もそこそこいけま
したし、通勤の最中とか時間つぶしにいいのではないでしょうか。
短編って、適度に区切って読めるし楽でいいなと思います。





JUGEMテーマ:読書
 
ジェフリーディーヴァーの本!22:44comments(0)trackbacks(0)
tape
スポンサーサイト
| - | 22:44 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)


tape
トラックバック機能は終了しました。