● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

02
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--
<< クロウTOPページグレムリン >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
冷静と情熱の間
JUGEMテーマ:読書

辻仁成と江國香織のコラボ作品「冷静と情熱の間」はお気に入りの
小説でした。

たまたま従姉弟の家にこの本があり、辻が書いた、主人公「じゅんせい」
の視点の本と、江國が書いた主人公「あおい」の視点の本が2冊あり、
「これは、じゅんせいとあおいの物語なんだけど、これを1冊ずつ読み
切ってから次のを読むのではなく、辻のほうを1章読んだら、次は江國の
方の1章を、江國の1章を読み終えたら次は辻の2章目という風に交互に
読んでいくと話の展開が分かりやすくて感情移入もしやすく、楽しめる」
と勧められてそのように読んでいきました。

まだ若かりし頃、じゅんせい君はあおいと恋愛関係に陥るんです。
2人は深く深く愛し合っていたんですが、若さゆえのおろかさ、周りの
逆流に飲み込まれ、好きなまま別れてしまうんです。
何年も経ち、お互いに恋人は出来るのですが、どこかお互いに”じゅんせい”
と”あおい”をそれぞれ忘れることが出来ず、どこか現在の恋人にのめり
こめない自分が居ます。

そんなときに、時々相手に電話を入れてみるのですが、それもすれ違い
ばかり。。。
やっぱりもう叶わない恋なんだと、どこか虚しさが漂い始めるのですが、
10年前にまだ付き合っていた頃に交わした約束「とある場所で再会しよう」
というのを”じゅんせい”は覚えていて、あおいがまだその言葉を覚えている
か、そこに彼女は約束の日の約束の時間に現れるのかに賭けてみること
にしたんですね。

忘れられない相手と好きなまま別れた二人の10年越しの愛の結末は
果たしてどうなるのか。
似たような話にスペイン映画「アナとオットー」がありますが、それとは
また違った結末で楽しめると思います。

友人は、辻バージョンしか読んでいなかったそうで、「いやあー、そっち
だけだとどうよ!」って感じなので両方を交互に読むことを勧めておき
ました。

辻・江國と言えば「左岸」と「右岸」でまた再コラボだそうですね。
そっちも手を出してみようかな。

あ、映画ではじゅんせい役に竹野内豊、あおい役にケリー・チャン、
あとは竹野内の現在の彼女役に篠原涼子とあって、なんだかどれも
小説のイメージと違ったので、特に篠原はミスキャストのようだよねと
職場の人とは話していたのですが、じゃあ、実際小説に近いキャス
ティングをするならば誰?という話になりまして。
竹野内の役を「西島秀俊」、ケリー・チャンの役を「水野美紀」か
宮沢りえ、篠原涼子の役をもっと若い小柄な女優さんてことの結論に
たどり着いたのですが、でもその後「いやあ・・・・西島と水野の映画と
なると誰が見るか、だよね・・・」と(汗)。華がないというか。
(個人的には好きなんですけどね>水野)
で、やっぱり竹野内豊あたりなのかなあって結論でした。
じゅんせい役はね。

 
23:59comments(0)trackbacks(0)
tape
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)


tape
トラックバック機能は終了しました。