● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

04
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< G.I.ジェーンTOPページターミネーター2 >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
ターミネーター3
JUGEMテーマ:映画

シリーズも3作目となると、なんかこう新鮮味が無いというか、
特に2と3は似たような感じだったので、3は印象にも残って
なくて見た記憶もなく、2回も見てしまっているという。

機械軍VS抵抗軍(人間)の話が1話、2話、3話と続いていって
いて、1作目は抵抗軍の指導者ジョン・コナーの母親を抹殺しよう
とする殺人マシーン”ターミネーター”と、母親を保護しに未来から
やってきた戦士の話で、
2作目は、母親抹殺に失敗したため、幼少のジョンを抹殺しようと
するターミネーターの話。
そして本作”3”は、青年になったジョンや部下たちを抹殺しにくる
ターミネーターの話です。

このジョン・コナー。4作目はクリスチャン・ベールだし2作目は
エドワード・ファーロングだからいいけど、この3のジョン・コナーは
納得いかなかったですね。せめてヘイデン・クリステンセンあたり
にならなかったのかと思いましたよ。何回見ても思いますね。
予算がなかったのでしょうか。

ジョンの未来の奥さん役にクレア・デインズが登場しているのは
いい感じです。彼女、地味なんだけど魅力あるんですよね。

今回も2と同様、いろんな形に姿を変えることが出来るターミネーター
であり、撃っても撃ってもしなないところが迫力あるけどちょっと
マンネリって感じもありますね。
そのターミネーターの最後は、まるで「スピーシーズ」を思い出させ
ましたよー。

あれだけハラハラする展開のあとに、この落ちか。。。。みたいな。
まあ4に続く感じであっけなく終わりました。

トータル的には、星3つかな。
可もなく不可もなく。
 
SF23:12comments(0)trackbacks(0)
tape
スポンサーサイト
| - | 23:12 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)


tape
トラックバック機能は終了しました。