● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

02
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--
<< サヨナライツカTOPページランボー最後の戦場 >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
ノッティングヒルの恋人
評価:
リチャード・カーティス
¥ 1,980
(2008-11-27)

JUGEMテーマ:映画

ジュリア・ロバーツの恋愛物を見るのは、「プリティーウーマン」に続いて
2作目だったように思います。

なんだか非現実的なんだけど、でも本屋の店員という平凡な男の登場
で現実的でもあって、なかなか良い映画でした。

ヒュー・グラント扮する本屋の青年のところに、人気女優(ジュリア・ロ
バーツ)がふと立ち寄るところから、この二人のシュールな恋のお話が
展開していきます。

ハリウッド女優との価値観の違いと、でもスターの顔の裏にある孤独と
”普通の人”感が、また彼をとりこにしていくわけです。

人気女優の裏側を描くことが、この映画の目的ではないので、彼女の
孤独や生活観の違いは大して描かれていないのですが、これを描いて
しまっていると、観客の関心は二人の恋の行方ではなく、人気女優への
行程と芸能界のスキャンダルに行ってしまうので、その辺はサラッと
さりげなく描いていたのが、またシュールでよろし。

この人気女優も、本屋の青年の”普通っぽさ”に、かつて自分が女優への
道を駆け出し始める前の自分を見つけ、また一緒に仕事をする自惚れた
男ども(映画スターたち)にはない素朴さに惹かれていくんですね。

この本屋の周りの友人たちが、またいい味を出しています。

撮影秘話としては、ヒュー・グラントとジュリア・ロバーツは非常によくない
関係があったということで、撮影の合間は一言も口を聞かなかったとか。
もしそれが本当だとしたら、そんな関係でも恋愛関係に陥る二人を演じ
るのだからさすがですね>役者として


ちなみに、日本のドラマ「やまとなでしこ」を見ていると、「これ、ノッティ
ングヒルの恋人、のパクリじゃない?」っていうシーンが満載でしたね。
でもあのドラマはあのドラマで別の面白さがあって良かったですけどね。

しかし現実にはきっと、パンピーは生活価値観や金銭感覚、日常の
過ごし方などなどの違いから、スターとは恋愛しても続かないかもしれ
ないですね。わがままさとか。
なので、この映画はシュールなんですけど、でも素敵なスターと恋愛
するという夢を見させてくれる映画でもありました。

 
恋愛23:28comments(0)trackbacks(0)
tape
スポンサーサイト
| - | 23:28 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)


tape
トラックバック機能は終了しました。