● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

02
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--
<< RECTOPページ感傷コンパス >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
「離愁」 多島斗志之
評価:
多島 斗志之
¥ 660
(2006-01-25)

 多島さんの作品を読むのは、これで3作品目です。
購入したまま、随分長い間、本棚に置いたままだったのですが、
お盆休みに本を読もうと家にあった数冊をめくってみました。

そして、冒頭を読んでは「なんか乗り気がしない」と、次の本を開き
また乗り気がせず次の本を開き・・・と繰り返して、最後に手に取った
この「離愁」では冒頭から引き込まれていったので、よし、このまま
読もう、と読み進めていきました。

主人公の高校生の男の子(名前、出てきたっけ?ど忘れ)は、
母の勧めで、叔母「藍子」からドイツ語を教えてもらうことになります。
欲しい釣竿を買ってもらう交換条件として、叔母にドイツ語を習うこと
が母から条件に出されたわけです。

この叔母は、昔の美貌を残しながらも無表情、徹底して人とのかかわりを
好まない人で、家も生活も非常に質素、そして何よりも生きる意欲が
感じられない・・・そんな叔母でした。
「あの叔母は、何を楽しみに生きているのだろう」。
従姉妹の美那は、そんな風にいつも言うのでした。

当時は、叔母に対して何の興味も持たなかったこの高校生の甥は、
齢も50歳を過ぎた頃、あることがきっかけで今は亡き叔母の、知らなかっ
た素顔を知ってくことになるのです。

それは謎に満ちた波乱の人生であり、また自分が高校生の時には
あの叔母からは想像も出来なかったほど、別人のように生き生きと
した叔母の人生。

叔母がまだ若かりし頃、叔母と親しく交流のあった兼井という男の
手記を手に入れた主人公は、叔母に何が起こったのかを知っていく
ようになったのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

兼井という男の手記が終わる辺りでは、藍子叔母の、心の底から
愛した男との関わりが分かり、読める展開なのですが、
手記でも明らかにされていなかった、藍子叔母の空白の6年間を
描くくだりから、なんだか切なさが増してきました。

そして最後の、ある人物の告白の辺りで胸が少しずつ締め付けられ、
思いもよらない真相にたどり着いた辺りでは、思わず涙が出てしまい
ました。ワーワー泣くような感じじゃなく、ポロッと涙が落ちるような・・・。
久しぶりに切ない小説を読みました。

藍子叔母は、若くして頼れる相手を限定してしまったんだなと思います。
時代が、彼女の行く末をそうさせたのか・・・。
今の時代ならば、もっと変わっていたのではないかとも思ったり。
まあ、チュンさんのあの行く末のせいで藍子叔母の人生が、
日の当たる場所から絶望の場所へ、と言っても過言ではありませんが。

この小説内には、あれこれ詳しく描かれていませんでしたが、
藍子叔母の姉である容子(主人公の母)も、真相をうすうす感づいて
いたのかもしれないな、とも、読み終わった後に感じました。

う〜ん、多島さん。
切なかったですぅ〜。
でも、ますます多島作品が好きになっていきますね。



多島斗志之の本20:18comments(0)trackbacks(0)
tape
スポンサーサイト
| - | 20:18 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)


tape
トラックバック機能は終了しました。