● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

01
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< ライアン・オニール Ryan O'NealTOPページ少年たちのおだやかな日々 >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
フェイクシティ
JUGEMテーマ:映画

こういう汚職刑事物の映画は、数多くありますよね。
この映画もその一つなんですが、終わり方としては嫌いじゃなかったです。

特捜刑事のラドロー刑事(キアヌ・リーブス)が、行き過ぎた捜査をしながら
事件を解決しているんですが、それが内部捜査官のビッグスに知れるところ
となり、なのに危なく行き過ぎた捜査を止めなかったために、どツボにはまっ
て行っちゃう展開です。
ところが小さな「どんでん返し」がそこそこあり、サスペンスとして成り立って
いると思います。

英語では「Street Kings」。
表向きは、ある二人組みが町を取り仕切っている”ワル”なのですが、
そのStreet Kingsとは一体誰なのか。本当のストリートキングは?
(注目は、複数形のSがついているところ。
このSには誰が含まれるのかと考えると、深い映画なのかもしれません)

途中で、まだ裏の世界を知らない真面目な刑事役とし、「ファンタスティック
フォー」のクリス・エヴァンスが出演していて、いつもと違う真面目な役どころ
が意外にマッチングしていまして、彼の今後の作品・役に期待したいなと
思いました。

またキアヌ・リーブスも、なんとなくいつもと違う役どころだし、彼の今まで
の映画のタイプとも少し違うので、そういう点では個人的に評価はいいです。
でも、結局筋書きは目新しいタイプのものじゃないんですけどね。

DVDを買うほどではないと思いますし、わざわざ借りに走るほどでもない
んですが、時間があればとか「ついで」があれば良いかなと。

 
サスペンス20:14comments(0)trackbacks(0)
tape
スポンサーサイト
| - | 20:14 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)


tape
トラックバック機能は終了しました。