● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

04
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< インタビュー・ウィズ・ヴァンパイアTOPページアイ・ロボット >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
題名のない子守唄
JUGEMテーマ:映画
 
何かの映画賞を受賞した作品だということで、公開されてから随分と時間が
経ってから見た記憶があります。
これってハリウッド映画ではなく、ロシア人の女優が演じるという、自分の中
ではこれまでにないジャンルとしての鑑賞となりました。

冒頭から結構衝撃的なシーンです。
覗き穴から、入れ替わり立ち代り入室させてポーズをとらせ(裸)、物色して
いる目線のシーンから始まります。
「え?これ、なんの映画?」と一瞬思うのですが、実はこのシーンから、ロシア
から逃げてきた女性たちの運命が、こういう風になることを知ります。

情婦だったイレーナは、どのようにしてかはこの段階では不明ですが、ある
家族のメイドとして雇われることになり、そこの娘と心を通わせるようになり
ます。

メイドとしての粋を超え、その娘を厳しく躾けるイレーナ。そこにはどんな思い
があったかが明らかになっていくんです。

イレーナがこの娘に行った行為を「児童虐待だ」と評されていた人もいる
ようですが、個人的には「児童虐待」とまで言うのだろうか・・・と思います。
行き過ぎを超えなければ、時々、愛情のために子供に向けるムチは、
訓練ともなるので何とも言えないなと思います。
イレーナが、幼稚園か小学校かでのその娘の様子を陰ながら見つめ、
応援するシーンでは、見ている自分も「やった!やってやったぞ!」と
思ったものです。

ラストの展開がちょっと意外で、これがまた安くない終わり方でよかったと
思います。

監督は、あの「ニューシネマパラダイス」の監督だったんですね。
この作品も「ニューシネマパラダイス」と同様、丁寧に作り上げられていて
詰めもしっかりしていたと思います。

これって、もう1度見たら味が出る映画じゃないかなと思ったりしています。
星4つに近い星3つ、という感じです。

ハリウッド映画の派手さはありませんが、地味に心に響くサスペンスタッチ
のヒューマンドラマでした。

人間ドラマ10:43comments(0)trackbacks(0)
tape
スポンサーサイト
| - | 10:43 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)


tape
トラックバック機能は終了しました。