● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

02
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--
<< 題名のない子守唄TOPページクリミナル・マインド >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
アイ・ロボット
JUGEMテーマ:映画
 
この映画を見るまでは、最初のほうに出てくるロボットが悪さをして
暴動を起こす映画かと思っていましたが、実際見てみるとちょっと違って
いました。

ある刑事(ウィル・スミス)が、街中に普通に歩き、普通に売り出されて
いるロボットの行動に、神経質になっているのですが、あるときに
ロボットの生みの親である博士が会社の高い階から飛び降りて自殺。
彼は、ロボットの仕業だと決めてかかるのですが、周りは信用しません。
そんなとき彼は、博士の部屋に隠れていたロボットを見つけ、その
ロボットも逃げ出します。そのロボット、サニー追う刑事。
サニーを捕まえてみると、意外な事実が判明していきます。



ロボットの映画といえば、詳しく数えて見れば多くあるのでしょう。
アンドリューもそうだし、トランスフォーマーだってそうだし、スターウォー
ズにもロボットが登場しますしね。A・Iもそうです。
アンドロイドとロボットの違いが良く分からないのですが、人間に近い
ロボットならほしいなあって、この映画を見ていて思いました。

でも、この映画のようなロボットが一般の家庭で携帯電話やパソコン
のように普通に普及するには、私の命の長さは足りないでしょうね。
あんな風にロボットが町を普通に歩いている時代って、もっと人間が
イライラしたり横暴だったり無礼だったりするような気もするので、
その時代に生きる人間というのは、特別な気がします。

ロボットが普及した時代はきっと、あの映画のように人々が外を出歩
くことがほとんどない時代なんじゃないかなと思っているので、
街中が今と変わらない設定に、ちょっと違和感を感じました。
(車はハイテクなのに)
まあ、あまり未来未来した町並みに作り上げていると、観る人が
感情移入しにくいからかもしれませんけど。


作品としては、そこそこ楽しめたと思います。
DVDを借りるのもいいと思うし、買ってもいいんじゃないかな。


SF14:03comments(0)trackbacks(0)
tape
スポンサーサイト
| - | 14:03 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)


tape
トラックバック機能は終了しました。