● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

04
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< レオノール・ワトリングTOPページダイアン・レイン >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
ブラックサイト
JUGEMテーマ:映画

結末は最初から読めているのに、何故か怖くてドキドキした映画でした。
サイコサスペンスのジャンルになると思います。

サイコ殺人、連続殺人には、”秩序型”と”無秩序型”があるといわれています。
”秩序型”とは、無差別に被害者を選ぶのではなく、選んで殺人をします。
そして、被害者の遺体は無造作に放置したりするのではなく、隠したり必要
に応じて処理します。

この映画の犯人は、典型的な”秩序型”殺人であり、高知能を持ちます。
最初は猫の虐待映像をインターネットのサイトにUPするところから始まり、
次に人が死んでいく様子をサイトにUPします。
閲覧者が多くなればなるほど、被害者の死亡時刻は早められるという
細工になっているのです。

そうやって次々に、拉致してきた被害者を映像としてUPし、サイトのアクセス
が増えれば増えるほど、投与される薬品の量も増え、被害者は早く死に
至るということを、犯人は半ば楽しんでいます。

しかしこの犯人にはメッセージがあるのです。
最初の被害者の無残な遺体は、”ネット規制などいらない”と公言している
下院議員の車に捨てられます。
また、被害者は無差別ではなく何か関連があるのです。

FBIが「閲覧すると死が早まるので、そのサイトは見ないように」と訴えても
アクセスはますます増える一方。
観ている人は、”自分くらい””まだ死なないでしょ””本当にそんなことある
の?いたずらじゃなくて?見てみよう”と軽い気持ちなのです。

私なら見ないけどなあ
映画でも、あまりグロいのは遠慮したいほうなので・・・。

結末は分かっていても、でも最後まで楽しめました。
特にラストのダイアン・レインには拍手。
かつて彼女は、こういう作品に出演したことも無ければ、ああいうラストを
演じることもなかったでしょう。

ちょっと”SAW”という映画に似た怖さや暗さ、残酷さがある映画でした。
SAWほどは残酷なシーンはなかったけれど。

よく出来た映画でしたが、恐怖度は若干高いということだけお伝えして
おきます。


 
サスペンス15:32comments(0)trackbacks(0)
tape
スポンサーサイト
| - | 15:32 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)


tape
トラックバック機能は終了しました。