● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

02
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--
<< ブラックサイトTOPページNews:ジェフリー・ディーヴァー最新作 >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
ダイアン・レイン
JUGEMテーマ:映画
DianeLane

ダイアン・レインは1984年当時、フィービー・ケイツと共に日本で
爆発的に人気がありました。
リトル・ロマンスという映画がきっかけだと聞いていますが、私は
その映画は見てないんです。
ストリート・オブ・ファイヤーでも人気が出て、マイケル・パレ扮する
格好いいヒーローに守られるカリスマシンガー役を演じていました。

私は当時、彼女の映画を見たことがないのにもかかわらず、
ロードショーという映画雑誌に再三再四登場する彼女の記事や
写真でFANになっていました。

でも、彼女が20歳くらいになったころから彼女は映画界からしばらく
遠のきまして、彼女を銀幕で見る機会は得られないままになって
しまっていました。

ボンジョビと付き合っている噂だけは流れていたのですが、
映画の話はきかなかったですね。

でも、愛は危険な香りで久々に映画に復帰したと思ったら、そこで
共演したクリストファー・ランバートと結婚。
彼はトップクラスの役者ではなかったのですが、ダイアンと付き
合ったことで運気が上がり、しばらくは映画にも恵まれていたよう
に思います。
”なぜクリストファー・ランバートなん?”ってちょっと疑問でした
けど。なんかムサッコイというかね。

それからすっかり映画界から退いてしまったダイアン。
引退したわけではなかったんですね。
「デブラ・ウィンガーを追いかけて」かなんかっていうドキュメント
映画に「ハリウッド女優は40過ぎたら役が来なくなる」ということを
テーマに出演しているダイアンを発見。
久々の登場でビックリしました。

パーフェクトストームでも登場(ちょっとこの映画での彼女はめっちゃ
演技が下手でしたけど・・)。
「ハリウッドランド」では成金?権力女の役を演じていて、それが
様になっていて”女優”としての力を感じました。

ダイアンは、2004年にジョシュ・ブローリンと再婚。
やっぱりブサッコイ男が好きなんですかね、ダイアン。
役者として売れなくなっていたジョシュも、”あげまん”ダイアンと
の再婚で、仕事がどんどん転がり込んできていますね。

二人とも役者としても、夫婦としても幸せに進んでいって欲しいです。
役者紹介16:12comments(0)trackbacks(0)
tape
スポンサーサイト
| - | 16:12 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)


tape
トラックバック機能は終了しました。