● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

04
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< ダウト(2005)TOPページアイス・ステーション(スティーブン・キング) >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
ビハインド・ザ・マスク
JUGEMテーマ:映画
 
パッケージにだまされました。なんか面白そうかも、と思って手にしたのに、
最近時々ある”ドキュメンタリー・タッチ”の安っぽい手法で、しかも連続殺
人鬼の苦労と達成をドキュメントしたような映画です(決して実話ではあり
ません)

13金のジェイソンやエルム街のフレディ、ハローウィンのマイケルの名前を
だし、新たな殺人者としてグリーンエコーのヴァーノンを取り上げ、彼を取材
しながら彼の殺人計画を遂行する姿を、準備段階からインタビューや撮影
で追っていくという感じです。

ヴァーノン(架空の人物ですよ)は、計画した連続殺人を行うために、体を
鍛え被害者(サバイバーガール=生き残り者)を選び、下地を作ります。
彼のこだわりはまるで、ホラー映画オタクのような感じなので、その辺を
インタビューしているシーンは、オタク談義の映画という感じで安っぽいです。

そして、ついにその計画が実行されようとするときから、ちょっとだけ13金
を真似たような殺人シーンが始まり、そこでやっとホラー映画らしくなります。

途中で登場した奇術師の夫妻が、これまた安っぽく感じさせてしまう。
不要なシーンだから余計かな。

エルム街の悪夢のフレディ役をしたロバート・イングランドが精神科医の役
で登場するのは面白いというか、遊び心がいいじゃん、って思いましたけど
ほんとDVDはわざわざレンタルするほどの映画じゃないです。
駄作とまではいかないけど。

残念。
ホラー20:05comments(0)trackbacks(0)
tape
スポンサーサイト
| - | 20:05 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)


tape
トラックバック機能は終了しました。