● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

04
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< トランスポーター3TOPページふたり >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
ホワイトアウト(2009)
JUGEMテーマ:映画
 
”大雪”が舞台になっている映画が大好きな自分は、ワクワクしながら
この映画を見ました。

南極で勤務するFBI捜査官のキャリー(ケイト・ベッキンセール)は、
ある地点で見つかった死体の捜査を始めます。
どこかから落下したその死体は、まるで岩壁から落下したかのよう
でしたが、周りにはピッケルは無く謎を秘めていました。
誰かに突き落とされた可能性があると、殺人事件であると予測する
キャリー。



その捜査に、国連の人間であるという男が現れて捜査に同行したり
怪しげな、”こいつが犯人?”って見せたいような人物が数人登場し
ますが、その演出はありきたりでちょっとしらけます。


ここからネタバレです。















だいたい、トム・スケリットが登場した時点で、”こいつが犯人やろ”
という(スケリットは悪役が非常に多い役者)感じで見ていたので、
加えて”あいつも怪しい””こいつも怪しい”という演出が、展開を
予測させてしまい(それがまた当たって)、なんだか物足りない
仕上がりになってます。

監督が南極の怖さを描きたかったのかな、そういう中途半端な
南極の寒さを演出するシーンが、この映画を余計に間延びさせて
しまったように思います。

不要なシーンも多かったような・・・。






ということで、☆2つ。

暇つぶしにDVDを借りてもいいとは思いますが、買う必要も
ないかな。

サスペンス07:57comments(0) | - |
tape
スポンサーサイト
| - | 07:57 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)