● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

02
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--
<< ナイトウォッチ(ユアン・マクレガー)TOPページベルベット・スパイダー >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
ブリキの太鼓
JUGEMテーマ:映画

この映画って、1960年代くらいの映画かと思ってたら、意外にも
1980年間際の映画なんですね。

非常に有名になった”名作”とうたわれた映画で、子供の頃から
タイトルは知っていましたので、ずっと見てみたかったんです。

いやあ、非常に奇怪な映画というか・・・ちょっと「ツインピークス」
のような感じのわけの分からなさがいっぱいの映画で。
しかも、ちょっとエロティックでちょっとグロっぽい。
シリアスな戦争ドラマかと思ってたのに・・・。

 
ポーランドが舞台でした。
ポーランドのある女性の妊娠の経緯から始まり、その孫が主人公で。
主人公の少年オスカルは、赤ちゃんのときから自意識があり、
この世に生を受けたその日に母親が話しかけた
「3歳になったらブリキの太鼓を買ってあげる」と言ったのを覚えている
ような設定の映画ですから、普通の映画ではないことは間違いない
です。

オスカルの母親は、夫と、自分の従兄弟ヤンという二人の男に
愛されながら生活もしているし、オスカルはオスカルで大人になって
もブリキの太鼓を肌身離さず持ち歩いている奇妙な人です。

しかも、大人になりたくないといって、自分の成長を自ら止める
ことが出来、3歳のまま体を大きくしないでいられる。

母親が死に、父親が自分と同じ年のマリアを後妻にもらい、
オスカルとマリアの変ないちゃいちゃシーンも、普通の映画とか
ちょっと違う。

なんか、訳のわからないうちに見終わってしまった映画で、
いったい何がいいたかったのか理解できず・・・。
ただ、子供の頃から見てみたかった映画を見ることが出来た、
という満足感だけは得られましたけどね。

面白くない映画ではないけど、一般ウケしないでしょうね。
戦争ドラマ11:55comments(0) | - |
tape
スポンサーサイト
| - | 11:55 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)