● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

02
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--
<< スペルTOPページターミネーター4 >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
不思議島
JUGEMテーマ:読書
 
両目の失明を苦に失踪したというニュースが流れた多島斗志之さん。

その後どうなったかのニュースがないのですが、どうなんでしょう・・・。
心配です。


さて、この「不思議島」、多分違うタイトルでも販売されていたことが
あると思います。彼の作品は、そういうのが多いです。
内容は同じだけど、タイトルが変わっているというね。

不思議島は、村上水軍が支配した瀬戸内海の島々を舞台に、
サスペンスとして描かれています。
幼い頃に誘拐されたことがあるゆり子は、島のある場所で、最近島に
赴任してきたという若い青年医師の里見に声をかけられ、そこから
二人の関係が深くなっていきます。

二人で村上水軍のことや、ゆり子自身のことを追ううちに、ある一つの
真相が見えてくるのですが・・・

恋愛的な要素を含みながらのこのサスペンス、この恋愛要素がある
からこそ、あのラストは切ないのです。

多島斗志之さんの作品のよさは、この「切なさ」を味わえるところかな。
ラストにかけて、胸がキュ〜ンとなっていくあの感じ。
ちょっとずつ見せていってくれるので、そこがまた良し。

この作品、もう何年も前に読んでいたのですが、正直ストーリーの
詳細は忘れているのにも関わらず、その「キューン」としたラスト
だけは残っているのですよ。

多島斗志之作品を未だ手にしたことがない方は、彼の作品のいずれ
かを是非読んでみてください。

多島斗志之の本10:46comments(0) | - |
tape
スポンサーサイト
| - | 10:46 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)