● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

02
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--
<< ザ・ウォールTOPページREC 2 >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
プリティベビー
JUGEMテーマ:映画
 
子供の頃、ブルックシールズが大好きで、彼女のデビュー作あたり
を見てみたいと思っていました。
念願かなって、プリティベビーをやっと見ましたが・・・

この映画の舞台が1917年頃のようで、その頃の時代背景がよく
分からないのですが、映画の中ではあちこちに娼婦館があって
その一つの高級娼婦館で生まれ育った12歳のバイオレット(ブルック
シールズ)の生活を描いています。

娼婦であり母親であるスーザン・サランドンが出演していて驚きました。
しかも、ヌードが多い。彼女にとっては珍しいです。
まだ子供であるバイオレットに惚れてしまう写真家には、キース・
キャラダイン。娼婦を買いにくるエロじじいの中で一人、誠実そうな
人柄に見える若い男です。

でも結局、バイオレットのような子供を愛するようになり、結婚を申し
こむあたり、彼も特殊なんでしょうね。幼児趣味?


ここからちょっとネタバレ。









バイオレットはというと・・・子供らしくない言葉をよく言い、男を喜ばせる
演技もするのですが、実は結局は子供にしか過ぎなかった。
その切なさが描きたかったのかな。
大人の裏の世界で生きてきて、言動だけは真似るのですが、でも中身
は子供で・・。
同じく少女趣味のおっさんと少女を描いた作品で「ロリータ」というのが
ありましたが、このロリータのほうがミステリアスな仕上がりになって
いますけどね。


なんか、今時の作品のテンポのよさになれているせいか、この映画は
ちょっと退屈に感じました。
ルイ・マル作品ということで期待も大きかった(初のルイ・マル作品鑑賞
です)のですが、今の時代を生きる私にはちょっとそぐわなかったかな。

でも、見たかった作品が見れて、それだけで満足ですけどね。
人間ドラマ21:49comments(0) | - |
tape
スポンサーサイト
| - | 21:49 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)