● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

04
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< REC 2TOPページP.S.アイラブユー >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
PUSH
JUGEMテーマ:映画
 
「ファンタスティック・フォー」といいうSFアクションコメディに出演して
いたクリス・エバンスが、今度は真面目なSFの超能力ユニット映画に
主演しています。

同じSFで超能力物ではありますが、また違ったタイプの作品になって
います。

しかしながら、なんだろう・・・。何かB級の感じがぬぐえません。
ハリウッド俳優のクリスや、それに名子役のダコタ・ファニングまで
登場しているのに。

舞台が香港だったか台湾で、中国系の俳優が安っぽかったからかな。

世界に散らばっている超能力者が何故か逃げ場として落ち着く台湾
が舞台で、そこに
物を念力で動かすことが出来る超能力者
未来を予知できる超能力者
叫ぶ声で物を破壊する超能力者
超能力者を予知するものから隠すことが出来る超能力者
人の記憶をすりかえてしまうことが出来る超能力者
などが登場し、
互いを利用し、また互いで助け合いながら、超能力者を人間兵器に
しようと目論む組織から逃げる超能力者たち。

クリスは、物を動かす超能力を若干持っている設定ですが、自分の
その能力は発揮できていない役どころです。子供のころに、同じく
超能力者だった父親を殺された過去を持っています。
そんなクリスの元に、予知能力者であるダコタ・ファニングが登場し、
ある事件に巻き込まれてしまうクリス。でも父親が残した言葉である
「花を持った少女が現れたら、その人を助けなさい」という言葉に、
ダコタが当てはまったため事件と向き合うことにする展開です。

これは続編が出るんじゃないかな。

正直、内容はあまり心に残らない作品ですが、
「ハイド&シーク」で有名になった子役のダコタ・ファニングが随分と
大きくなったのは見ものです。
ちょっと安達裕実に似ています!

SF12:32comments(0) | - |
tape
スポンサーサイト
| - | 12:32 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)