● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

04
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< フリンジTOPページバイオハザード5/オルタナティブエディション >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
苺とチョコレート
JUGEMテーマ:映画
 
初めてキューバを舞台にした映画を見ました。
キューバでは苺アイスはゲイの象徴なんですってね。

大学生のダビドは、チョコレートアイスを街角で食べているとき、
苺アイスを食べるディエゴに話しかけられます。
失恋して元気がなく、かつ不機嫌なダビドに言葉巧みに話しかける
ディエゴ。彼の誘いにうまく乗せられ、しぶしぶディエゴの家にいく
ことになったわけです。

最初はゲイに対する偏見の塊であり、宗教思想や芸術思想を語る
ディエゴに嫌悪感を覚えるダビドですが、あることからもう1度
ディエゴの家に向かうことになります。

ディエゴのようなゲイなら、自分は友達になりたいですね。
テレビで登場するオカマちゃんたちは、かなり毒舌すぎますし、
発言に思いやりがないし、優しさもない(はるな愛は、別ですが
おすぎとピーコなんか典型的でしょう)。
自分が知っているゲイの知人たちも、どこか心が病んでいて、
テレビでみる楽しいキャラなど一部の人だけじゃないかと思って
しまうほど、数人の知人であるゲイの方の印象は個人的には
悪いです。

でも、この映画のディエゴなら、誰でも惹かれていくんじゃない
かなあ。ダビドが、一人の人間としてディエゴに惹かれていく気持ち
は、視聴者には理解できるのではないでしょうか。

二人の友情を描いたヒューマンドラマですが、キューバの共産主義
世界が、この友情にどのように影響していくのか。

共産主義社会を垣間見て、ちょっと不自由さを感じました。
でも、キューバの美しさも垣間見た気がします。
そして、ラテン人種の明るさも。
魅力的な映画でした。
評価は、4に近い3つ星です。
見たことがない方は、一度レンタルでもいいので見ることをお勧め
します。色んな偏見を消し去ってくれる愛すべき映画だと思います。


人間ドラマ21:53comments(0) | - |
tape
スポンサーサイト
| - | 21:53 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)