● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

04
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< 甘い人生TOPページ地震ボランティアで注意すること >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
太平洋の奇跡〜フォックスと呼ばれた男〜
JUGEMテーマ:映画
 
なんの知識もなく、急遽観る事になった竹野内豊の映画。
第二次大戦中のサイパンで、最後の最後まで戦いぬいた大場
大尉と、彼が率いる部隊、そして彼に守られた民間人とのことを
描いた作品でした。

ん〜。
もしこれを「硫黄島からの手紙」という映画より先に見ていたら、
もう少し感動したり何か考えさせられたかもしれませんが、とにかく
内容が「硫黄島からの手紙」に似ていますし、大場大尉がアメリカ
軍に畏れられたというのは、なんだか「これくらいのことで?」と
思ってしまう内容。
原作を読んだほうがいいのかもしれません。

でも臨場感があって、また感嘆したのは、民間人をアメリカ兵
から守るため、ある作戦である場所に待機させるシーンは、すごい
なと思いましたね。
「人は上を見ない」という心理を利用した隠れ術。
それを考えると、霧を利用した作戦なども含めたら、大場大尉
の優秀さと冷静さはすごいんだろうなと思いました。

2時間半くらいあったように思うのですが、もう少し長くても良かっ
た(しっかり描くために)と思ったので、退屈な映画ではなかった
のは確かです。

アメリカ側は、無名の役者ばかりでしらけましたけど、一人だけ
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」などに出ていたトリート
ウィリアムズがちょい役で出ていましたので、ああいう役者をもっと
だしてアメリカ側の役の幅も広げて欲しかったですね。
アメリカ側からの視点でのこの作品も面白いかもしれません。
邦画00:58comments(0) | - |
tape
スポンサーサイト
| - | 00:58 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)