● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

04
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカTOPページタイフーン(韓国映画) >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
春の日は過ぎゆく(韓国映画)
評価:
ユ・ジテ,ホ・ジノ,イ・ヨンエ
¥ 2,425
どことなく不思議な映画でした。
そして、淡々と進むストーリーなのに、何故か心に残るのです。

「親切なクムジャさん」で、主人公を演じるイ・ヨンエですが、その
誘拐された子供の成長した姿として、ユ・ジテが友情出演として、
この映画に出ています。(春の日〜の方が先に共演)。

ラジオ局の音声として働く青年ユ・ジテのところに、新しい一時的
な仕事のパートナーとして、イ・ヨンエがやってきます。
無口なヨンエと、純粋な青年ジテ(役柄でね)。
一緒に仕事をするうちに、不思議なヨンエに惹かれ始め、ヨンエも
彼を誘います。二人は、それから付き合うようになるのですが、
ヨンエはそれでも読めない行動をするときがあります。
彼を頼ったり彼を突き放したり・・・
ユ・ジテは、そんなヨンエに振り回されていくのですが・・・


ここからネタバレです。



ヨンエには(役柄でね)離婚歴があり、それが原因で傷つくのが怖く
人を心から愛せません。いや、愛しません、かな。
その離婚が原因で愛さなくなったのか、もしくは元々あのような奔放な
性格なので、夫に捨てられたのかは映画の中では定かになっていませんが。
そして、人を愛さないヨンエのとる行動は、誰が見ても許せることでは
なかったように思います。
ユ・ジテが両親に彼女を紹介しようとしたときから、彼女の行動は
理解できなくなります。
きっと、ヨンエはそれでもジテを愛していたのかもしれません。
その心の葛藤が最後のほうのシーンで出ています。

ジテの取った最後の行動ですが、
彼女とよりを戻して、とことん付き合ってあげるのがいいのか、
彼女に見切りをつけるのか・・・。
ここが観客の興味がわくところでしょうね。

私なら、どうしたかな・・・。

結構、奥の深い恋愛ドラマ(人間ドラマ)だったように思います。
結構好きだな〜、この作品の雰囲気。
優しい風と切ない風の両方が流れている映画でした。

韓国映画10:00comments(0)trackbacks(0)
tape
スポンサーサイト
| - | 10:00 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)


tape
トラックバック機能は終了しました。