● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

02
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--
<< 13歳のハゲ男TOPページクリスマス黙示録 >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
山の郵便配達
JUGEMテーマ:映画
 
この映画は、中国の山奥の非文明的な地域と人々を題材に
描いた作品なんですが、結構この手の中国映画、好きなんです。
「初恋のきた道」や「中国の小さなお針子」はじんわり感動できる
作品だったので、この「山の郵便配達」も期待して観ました。

この映画の舞台は1980年代らしいのですが、冒頭から「マジで?」
という感じ。
何に驚いたかと言うと、山の郵便配達は、何日もかけて山道を
歩いて配達する文明の遅れ?に、です。
映る村や家は、本当に平安時代の農村のような感じで、文明の
かけらもありません。そして郵便配達人は、大きな大きな配達用
のリュックのようなものを背負い、山を、谷を、川を、あぜ道を
ひたすら歩いて手紙を届けるんです。
日本じゃバイクや車で配達している時代なのに、80年代の
中国の田舎はこんな感じなんですね。

長年そんな配達をしてきた父が足を痛めたので、息子はそれを
受け継ぎ、引継ぎのために父と息子は一緒に郵便配達に出発
します。賢い愛犬と共に。

いつも配達で家に不在だった父を「お父さん」と呼べず、子供の
頃は彼に嫌われていると思っていた息子。
でも、父と配達の道を進みながら、父が自分を愛してくれていた
こと、父の仕事が大変であり、でもそれを彼が誇りに思い勤め上
げたこと、山の人々に必要とされていたことを知り始めます。
そしてまた父も、家庭を犠牲にしながら配達を勤め上げたこと
と、妻との出会いから子供の誕生と成長を回想しながら、
ずっと子供だと思っていた息子が大人に成長していることを
この時間から感じて感慨深く思い始めています。

静かにじんわりと温かく優しい気持ちになれる映画で、本当に
良かったです。

DVD欲しいなあ。中国の美しい田舎の風景も楽しめます。

人間ドラマ21:51comments(0) | - |
tape
スポンサーサイト
| - | 21:51 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)