● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

04
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< 硫黄島からの手紙TOPページパッチギ ! >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
シックス・センス
評価:
ブルース・ウィリス,M.ナイト・シャマラン,ハーレイ・ジョエル・オスメント,トニ・コレット
これを初めて見終わったとき、ラストに衝撃を受けましたね〜。
「や、やられたあー」と思いましたもん。
予想外の結末で。

あの予想外の結末を迎える前に、一度なにかこう、映画が終わった
ような感じになって「え?もう終わり?」「こんなもん?」という
感じだったんですが、最後のオチが好きでしたね、個人的に。

ラストを見ると、もう一度最初から見てしまいたくなる映画ですが、
もう一度見たらみたで、今度は矛盾点を見つけてしまうので(笑)、
矛盾点は突っ込まないで見るなら、また違う意味で面白い映画だと
思います。
「2度おいしい!」

ブルース・ウィリスの作品は、あまりハズレがないんですが、
この監督の映画は、他のものはイマイチです。
「レディー・イン・ザ・ウォーター」なんか「・・・」という感じ
ですしね。でも、これのヒットがあったから、彼のほかの作品も
話題を呼ぶようになったわけです。

ハーレイ君は、これで「天才子役」と言われるようになりましたね。
でも、個人的には、子役のよくある「白々しさ」が彼にもあるので、
好きではありません。
子供なら、子供らしく自然体でいろ!と思ってしまうので・・・。
その点、ダコタ・ファニングは子役の割りに、なんだか世間を知って
しまったかのように落ち着いた子供ですね。

「死んだ人が見える」という少年の精神分析をすることになった
精神科医の役を、ブルースが上手に演じていますね。
彼の作品で、実は似たようなのがあったんですよ。役が似ていると
いうか。「薔薇のなんちゃら」って名前の映画!(タイトルをド忘れ)。
ジェーン・マーチと出ていた作品ですね。
あれは、発想が当時はなかなかいいな、と思ったんですよね。
あの作品の役と、なんとなく似ているんですが、全然違うように
演じていて面白かったです。

自分の映画に、悪いけどどう見ても美しくない長女のルーマーを
最近よく出演させているブルースですが、あれ、止めてほしいですね。
だって本当に、娘の顔・・・
「なんで、この両親にこの子が生まれてきたん!?」って顔で・・・びっくり
両親の悪いパーツばかりを選んで生まれてきてしまったというか・・・。

*シックスセンスには出てませんけどね。
「ホステージ」「隣のヒットマン」に出ています。
ホラー01:56comments(0)trackbacks(0)
tape
スポンサーサイト
| - | 01:56 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)


tape
トラックバック機能は終了しました。