● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

04
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< パッチギ !TOPページプライベート・ライアン >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
アグネス


「卒業」のアン・バンクロフトや、「黄昏」のジェーン・フォンダ
は知っていても、メグ・ティリーを知っている人は、そこまでいない
かも知れません。

この「アグネス」という映画では、最優秀助演女優として、メグ・ティリーは
初ノミネートされました。そして、アン・バンクロフトが主演女優にノミ
ネートされます。
しかし、この映画を見た人は誰でもそう思うでしょう。
”主演は、メグ・ティリーじゃないの?”。
それだけ、印象ある演技で、彼女は登場します。

尼僧の修道院で、シスター・アグネス(メグ)が血まみれで倒れて
うめいているシーンから始まります。
慌てて仲間が処置をし、救急車が来て落ち着いた後、あるシスターが
アグネスの部屋にあったゴミ箱の中を見て、愕然とします。
アグネスは、赤ちゃんを妊娠し産み落としていたのです・・・。
その赤ちゃんが死んでいた状態で、ゴミ箱から発見されたのでした。

男子禁制の尼僧院で起こるはずのない、いや、起こってはいけない
ことが起こり、裁判になります。
ジェーン・フォンダ扮する精神分析医が、アグネスを調査するよう
依頼を受けます。しかし、アグネスとの面談を繰り返すうち、
アグネスは「妊娠した記憶もないし、それどころかどうやったら
子供が生まれるかも知らない」ようなことを言います。
奇異な言動を繰り返すアグネス。
果たしてそれは、無実を勝ち取ろうとするための演技なのか、それ
とも神に選ばれたただの無垢な少女なのか。

なかなか、面白いテーマの映画だと思います。
アン・バンクロフト扮する尼僧院の院長と、ジェーン・フォンダの
会話合戦もなかなか見ものだし、アン・バンクロフトが怪しい人物
なのか、それとも心優しい人物なのか、その微妙なラインを演じて
サスペンス性を高めています。

また、メグ・ティリーはいつも、どこかしっかりとして自分を持って
いるような役が多いですが、この役は全く今までと違った役柄で、
また難しい役立ったのを、演じきっています。
特に、催眠療法のシーンでは、すごいなあと。
子供を産み落とす演技が迫力があります・・。

ちょっとラストが期待はずれって人もいるかもしれませんが、個人的
には、あれはあの終わり方で、十分視聴者に疑問を投げかける終わり
方だったと思います。

邦題は「アグネス」ですが、英語では(いや、スペイン語ですね、
この画像のパッケージを見ると)”神のアグネス”になっていますが、
それが答えなのかなって思いました。

星印3つですね。
サスペンス00:06comments(0)trackbacks(0)
tape
スポンサーサイト
| - | 00:06 | - | - |
tape







※適当に改行入れてくださいませ(特に半角文字使用の場合)


tape
トラックバック機能は終了しました。