● 自己紹介
● 日記の分類−目次−


● 最近の日記
● 過去の日記【月別】
● 最近のコメント
● 最近のトラックバック
●お気に入り
Music is My Life
Music is My Life (JUGEMレビュー »)
福原美穂,sleepy.ab,ローラ・イジボア
外国の声量のある歌手と間違えるほどめちゃくちゃ歌がうまい!ノレる曲ありゃ切なくさせる曲ありで充実した1枚です。自分で曲を書いてるみたいですが、邦楽ならではのダサいテンポではなく、R&Bっぽい感じ。
訪問者数
ブログパーツUL5
AMAZONアソシエイト
● 携帯用CODE
qrcode
● その他

02
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--
<< | 2 / 3 pages | >>
tape
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
tape
スカーレットレター
故イ・ウンジュの遺作となったこの作品ですが、この作品を見る
ときに、彼女がこの作品の役柄で悩み、苦しんだことを引きずって
自殺をしたといううわさが事実ならば、それがよく理解できてしまう
ほど、彼女の役柄とその演技の凄さには、見ているこちらも気が
おかしくなってしまいそうな、そんな感じでした。

主役のハン・ソッキュ(島田紳介似)が、妻がいながら不倫を
する相手がイ・ウンジュです。
ウンジュは、ソッキュ演じる男の妻に挑発的に、挑んでくるん
ですが、その真相にも驚きますね。

一番のクライマックスは、やはり主演の2人が車の中で・・・の
シーンじゃないでしょうか。
見ているほうも、気がおかしくなってしまいそうなシーンで
かなり印象的で、忘れることが出来ないシーンになりました。
自分があの状況と同じになったら?とか考えると、絶望的な
気持ちになりますね。
あのシーンの彼女を見ると、イザベル・アジャーニの「ポゼッション」
とだぶりますね。あの駅のシーンのすごさ。

実は自分は、この映画でイ・ウンジュを好きになりました。
だから、彼女の死はすっごく残念でした。
でもこの映画は、彼女の勇気とチャレンジの結晶だなと思うと、
彼女に感謝したいなと思うんですね。彼女の勝負心にありがとう
といいたいですね。





JUGEMテーマ:映画


韓国映画22:25comments(0)trackbacks(0)
tape
オールド・ボーイ
主演のチェ・ミンスクは、どうも暴力的なイメージの強い
役者さんですが、この映画でもそれが全開です。

チェ演じる男は、どこかのある部屋に監禁されているところ
から話が始まります。
でも、何故そこにいるのか、本当に監禁なのかも分からないまま
話が進んで行き、そこにある思惑が隠されていることが明らかに
なっていくんですね。

こういうストーリーはまるで映画「SAW」のように思えますが、
実は全然違います。ああいう流れの話は、韓国映画界ならでは、
という感じかもしれませんね。韓国映画ならではの、最後の
結末。
韓国の文化背景を知れば、あの結末は余計にショッキングなの
かもしれませんが、日本ではどうかな〜。どこにでもある問題
ではないから、ちょっと衝撃を味わうには共感しにくいテーマ
だったかもしれません。

韓国映画は、個人的にすきなんですけど、この映画のタイプや
演出はあまり好きではありませんでした。
暴力的、画面も暗い、主人公独自の世界感を描く、という
パターンで。

韓国の人気俳優ユ・ジテも出ていますが、ユ・ジテのFAN
の人は期待しないでください。彼はあまり出てないですから〜。





JUGEMテーマ:映画


韓国映画21:51comments(0)trackbacks(0)
tape
グエムル-漢江の怪物
評価:
ソン・ガンホ,ピョン・ヒョボン,パク・ヘイル,ペ・ドゥナ,コ・アソン,イ・ドンホ,イ・ジェウン,ポン・ジュノ
¥ 1,782
韓国映画って、結構エンターテイメント性があって面白いので
好きなんですけどね。芸術性もあったり。

でもこれはぁ(汗)
これはいただけない。
あの予告CMで、怪物が襲ってくるところで期待したのですが、
実際映画の中で迫力があったのは、あのシーンだけ。
あとは淡々と、しかもコミカルなのに笑えない映画に仕上がって
しまっていて、こんなにがっかりした韓国映画も久しぶりでした。

汚染された川で怪物が育ち、その怪物が娘を誘拐するので
助けるどうしようもない父親の話。

怪物にちょっと同情もしちゃう内容だったかな〜。




JUGEMテーマ:映画


韓国映画12:56comments(0)trackbacks(0)
tape
絶対の愛(韓国映画)
評価:
ソン・ヒョナ.ハ・ジョンウ.パク・チヨン,キム・ギドク
¥ 3,000
この映画は、ずっと見たくて探していたのですが、置いてある店も
なく、でもハズレだったら勿体無いしな〜と思い、買わずにいたんです。

しかしやっと、一番近いTSUTAYAがレンタルで置き始めまして!

主人公のセヒは、恋人のジウが他の女にモテることや、ジウ自身も
女性をすぐに目で追うようなところが有るところから、交際歴も
2年になって、自分はジウに飽きられ始めているのではないか、と
不安に思い始めている女です。

そんなセヒは実際、非常に嫉妬深く、嫉妬に狂い始めると、みっとも
ないほどの混乱ぶり。
そして、混乱しわめいては、ますます自信がなくなっていくのです。
「ああ、こんな私に、ジウは愛想を尽かしているのではないか・・・」
そして、自分はいつか彼に捨てられるのではないか、と思うと、
セヒは居ても立ってもいられなくなるのでした。

そんなセヒは、ある日忽然とジウの前からきれいさっぱり姿を
消してしまいます。
携帯も解約し、アパートも引き払ってしまったセヒ。

ジウは戸惑います。

その頃、セヒは整形手術を受けに行きます。
美容外科医から何度も「考え直すように」と言われたのですが、
整形して全く違う自分になる、というセヒの決意は固く、希望通り
に手術が行われます。


以下ネタバレ注意です。



手術の傷後や腫れが引いた6ヵ月後。

セヒは「スェヒ」という名前でジウの前に、赤の他人のふりをして
現われます。
ジウは何も気づいていません。

しかし、彼と深い関係になったものの、ジウの心がかつての自分で
ある「セヒ」をまだ愛していることに気づいたスェヒは、過去の
自分「セヒ」に、また気がおかしくなりそうなくらいの嫉妬心で
心をやられてしまいます。

顔は変えても、心は変わってなかった。。。
そして、顔をかえればジウの愛をまた新しい気持ちで独占できると
思っていたスェヒ。

でも実際は、ジウが愛したのはセヒの顔じゃなかったわけです。
皮肉な話で・・・。

そして、ジウの、セヒへの深い愛情が分かってきます。
ジウの取った行動・・・。これもビックリデス。
自分が同じ立場なら、あんなことは絶対にしない・・・。

でも、これも究極の愛か〜なってコメントも多くみられるんですが、
個人的に思うのは、「絶対の愛」ではなく「絶対の自己中愛」かな
ということです。

本当の愛って、どんなことをしてでも相手を独占しようっていうの
とは、また違うと思うんですよね。
セヒの取った行動は、彼を愛している仮面をかぶった、自分への
愛だと思うのです。自分が満足するための愛だと。

でもね、ただ一ついえることは、ジウが本当にセヒを愛していた
ということ。

セヒにどれだけ、それが伝わったのでしょうか・・・。

いやあ、ギドク監督作品は初めてみましたが、彼のほかの作品も
いいそうなので、見たいと思うほど、この作品は深い、そして完成度
の高い作品でした。



JUGEMテーマ:映画


韓国映画16:10comments(0)trackbacks(0)
tape
イルマーレ(韓国版)
評価:
チョン・ジヒョン,イ・ジョンジェ,イ・ヒョンスン
松竹
---
米国版イルマーレと、韓国版イルマーレでは、個人的には
米国版が好きでしたね。ストーリー展開と結末は。
でも、映像の美しさや、淡い空間を感じさせる演出で、
韓国版は非常に美しく仕上がっています。
しかも、出演者二人ともが20代前後で若いので、ちょっと
リアリティはあります。
米国版では、主演の二人は40歳前後ですからね。
それで独身で・・・っていうのは、彼らの顔の皺のあり具合や
髪のパサツキ度が、ちょっと純愛っぽくありませぬ(笑)。

米国版と決定的に違うのは、やっぱり結末でしょうか。
韓国版のは、イ・ジョンジェの最後の涙が、非常に切なさを
演出していて、映画「タイフーン」では思わなかったけども
イ・ジョンジェがめっちゃいい男に見えました。
彼の代表作でしょうね、これは。

米国版を先に見て、ストーリーは分かっているはずなのに、
韓国版を何故か「別物」としてみることが出来、それなりに
楽しめましたよ。

韓国映画17:17comments(0)trackbacks(0)
tape
スパイダー・フォレスト(韓国映画)
評価:
カム・ウソン,ソ・ジョン,ソン・イルゴン
¥ 1,578
惜しいなー、この映画。
見せすぎは、面白さを半減するものだけど、この映画は
見せなさ過ぎ、たかもしれない。

似た映画としては、同じく韓国映画の「4人の食卓」がある
と思うけど、「4人〜」よりも見せなさ過ぎた。

出だしから、結構ショッキングで謎めいた始まりで、見るものを
ひきつけます。やっぱり、営業トークもお笑いも映画も、
”最初の5分”が勝負、なんですよ。そういう意味では、この
映画は合格だと思います。

森で目覚めた主人公カン・ミンは、森の中にある家で、血の海
になった部屋で死んでいる男と、瀕死状態の自分の婚約者の
姿を見つけてしまいます。
そして、それを覗いている男がいて、慌てて後を追うのですが、
車に激しくはねられてしまうのです。
そこから、事件の追走が始まります。

ネットでの多くの評価は「不可解すぎて意味が分からない」と
言うものでしたが、確かに不可解ですが、全く何も分からない
わけではなかったです。

DVDについている特典映像では、その謎が解き明かされている
そうですが、機会があればぜひ見たいですね。


個人的な解釈を簡単にココに書きたいと思います。
ネタバレです。






主人公カン・ミンは、子供の頃、父親の仕事の都合である地区に
転向します。そこで、いじめられっこで孤独なミン・スインという
少女と出会います。
二人は、よく遊んでいたのですが、二人で遊んでいるときに、
多分、カン・ミンの母親が、父親とは違う男と不倫をしている
現場を見てしまうことでショックを受け、記憶を無くしてしまい
また、父親とその街を離れることになります。
父親は、教師をやめ写真展を営むようになります。
(母親は男と逃げた)

母親の不倫のことを忘れて育っていったカン・ミンですが、
最愛の妻を飛行機事故で亡くします。
そして、その後、キャスターのスヨンと交際を始めますが、
カン・ミンは真剣だったのに、スヨンが、自分の嫌いな局長と
浮気をしていたわけです。
その現場を見てしまった自分は、森の家の浮気現場で二人を
殺してしまうわけです。

そして、その記憶も失ってしまった・・・。

と、こんな解釈をしています、個人的に。

【謎1・写真屋のミン・スインという女は何者か。】
ミン・スインは、子供の頃に遊んでいた少女。
でも、顔はなくなった妻ですよね。
そして、写真屋はスインの経営ではなく、カン・ミンの自分
の実家だった、というところです。

スヨンの浮気現場を見たことで、ミン・スインとの子供の
頃の過去を思い出し始めて、でも顔は亡き妻の顔とごっちゃに
なっているという精神状態と記憶状態なのではないでしょうか。
子供の頃に自分の癒しの存在であったスイン。
そして、同じく癒しの存在だった亡き妻。
二人の名前と顔が混ざった幻影を、自分の精神状態が作りだし
ていたと思われます。

【謎2・病院で同室だったおじいちゃんは誰】
あれは、カン・ミンの父親の幻像でしょう。
彼には、同室のように見えていましたが、実際には他の人には
見えていなかったと思われます。父親は、半年ほど前に亡くなって
いる設定でしたから。
あのおじいちゃんが、病室を抜け出すカン・ミンに写真屋の
鍵を渡しましたが、あれは実際には渡したのではなく、
カン・ミン自身が最初から持っていた(実家の鍵なので当然)
わけです。
でも彼は、同室のおじいちゃんから鍵をもらったと思っている。

【謎3・惨殺現場を覗き見から逃げた人物は誰?】
冒頭で、カン・ミンが自分の婚約者スヨンが瀕死状態になって
いるのを、抱き起こしているシーンがあり、そのときにトビラ
の奥から物音がして、扉を開けてみると、男が走り去りますよ
ね。そして、カン・ミンはその後を追っかける。

これは、子供時代に母親の不倫現場を見てしまって、扉から
覗き見をして逃げた自分の姿が重なってしまった幻影かも
しれません。本当は、スヨンを抱き起こしていたとき、誰も
覗いてはいなかったのです。
というか、抱き起こしたのは、後から自分が作った妄想?
もしくは、惨殺した後に気を失って、自分が殺したことも忘れて
また現場に戻って惨殺死体を見てビックリしたのか、それは
定かではありませんが・・・。

ちなみに、自分の跡をつけたり、電話をしてスヨンの浮気を
密告してきた(と自分では思っている)のも全部自分、ですね。
彼の中には分裂した人格が存在したわけです。

何かのきっかけでスヨンの浮気を知り、スヨンの浮気現場を
見たことがきっかけで、精神が分裂してしまったのかも知れ
ません。

ちなみに、不思議なのは、カン・ミンをはねたのも、カン・ミン
のようです(車が同じなので・・・)。
カン・ミンが、スヨンの浮気を密告するもの(これは結局自分
なんですが)に言われて、指示通りに森へと車を走らせますよね。
そのときに、トンネルをスピードを出して走り抜ける車の後ろ姿
と、冒頭でカン・ミンが同じトンネルで車にはねられるシーンの
車の後姿が同じです。
これは、一つの鍵、ですね。

他の鍵はというと、まずカメラのフィルム。
亡き妻を撮ったカメラが、飛行機事故後に見つかりますが、その
中のフィルムがありません。
そして、そのフィルムらしきものが、スヨンの浮気密告者によって
カン・ミンの仕事場のデスクの上に置かれています。

また、そのフィルムを、カン・ミンは、写真館で現像しますが、
そこには亡き妻が写っていますよね。
でも、刑事さんがその写真を見たときには、亡き妻だけではなく、
スヨンの浮気現場の写真も入っていました。その写真は、カン・
ミンのカメラで撮られたものです。

謎の多い不思議な映画ですが、頑張った映画じゃないか、と
個人的に評価しています。


韓国映画23:55comments(0)trackbacks(0)
tape
氷雨(韓国映画)
評価:
ソン・スンホン,キム・ウンスク,キム・ハヌル,イ・ソンジェ
¥ 4,200
ジャンルとしては、恋愛なのか人間ドラマなのか微妙なところですね、
この映画。

しかし、韓国映画のDVDって結構高いですよね。生産量が低いから?
それとも韓国ブームで人気なので足元を見て?
この「氷雨」のDVDを検索したら、5件HITしたんですが、一番
安いので3000円台ですからね。韓国映画好きのおばちゃんなら
ともかく、一般の人で、「この作品が好きなんや、韓国だからとか
そんなんじゃなくて」って言う人には、コレクションとしてすんなり
出せる金額じゃないですよね。

さて。
デイジーで主人公の女の子と恋に落ちる刑事役のイ・ソンジェ氏と、
ドラマ「ガラスの華」や映画「同い年の家庭教師」などで人気の
キム・ハヌル、そしてソン・スンホン(韓国内では、兵役を偽って
出ていなかった経歴のために、人気が落ち信頼されない俳優だと、
韓国人の方から聞きました。)の三角関係の映画です。

ここからネタバレ含みますので、見てない方は止めたほうがいいです
ね(苦笑)







ソン・スンホンは、自分の愛した女性が好きだったある山が気になり、
自分もその山に登り始めるんですよね。そこで、山登りの先輩である
イ・ソンジェと出会い、ソンジェも愛する人のためにこの山に来たと
いう話を聞いて、不思議な思いを抱くわけです。
そこで、スンホンの愛した女性との記憶を回想するシーンになって
いきます。その女性は、キム・ハヌルなんですよね。
彼は、ハヌルが好きだったけど、ハヌルには別に好きな人がいて、
なかなか思い通りにはいかなかったわけです。ある日、ハヌルの好き
な人というのは、好きになってはいけない相手だったということが
分かって、スンホンはショックを受け彼女を軽蔑します。
でも、やっとその事実を受け入れ、彼女のことも受け入れることが
出来るようになったときに、ハヌルもまた、彼の気持ちに傾いていく
わけです。
そんなときに、事件が起こってしまいます。



私は、ソン・スンホンって、ヨン様やビョン様やサンウ氏よりも
ハンサムだと思うんですよ。ちょっとTBSアナの安住さんにも
似ているし。
でも、そのソン・スンホン氏よりも、イ・ソンジェの方が格好良かっ
たな〜(それで、デイジーも見たんだけど、デイジーのときは何も
思わず、チョン・ウソン氏の方が断然格好良かったんですが。やっぱり
役柄が良かったのかな、ソンジェ氏)

あ、私は別に韓流スター大好きっこではないんですけどね。
正直、「え・・・この人のどこがいいの?何が格好いいん?」と
思う人が多く(汗)。
ただ、ウソン氏、ドンゴン氏は正統派の2枚目だと思いますね。
かなりハンサムですよ。ドンゴン氏は演技も上手いし・・・。

ま、話がそれましたけど・・・。

ハヌルを思う気持ち、ソンジェの最後、スンホンの孤独を考えると
切ない映画ですね。

韓国映画の定番の「泣かせよう・お涙作戦」がきちんと盛り込んである
この映画。もうちょっと、くさくなく泣かせて欲しいね(笑)
クサいんですよ。韓国映画にしても韓国音楽にしても。
泣かせよう泣かせようみたいな感じで。
もうちょっと、自然に泣ける風にしたら、おとなしくなってしまうの
で、激しく熱い韓国人には物足りないのでしょうか・・・。

DVDは欲しい
テレビ放送があれば録画する
レンタルする
友達が持っていたら借りる
こんな感じでしょうか(褒めとんかい!けなしとんかい!)

いやいや、悪くない映画ですよ。
でも、わざわざ時間を割くほどでも・・・(^_^;)
韓国映画16:42comments(0)trackbacks(0)
tape
ピアノを弾く大統領(韓国映画)
評価:
アン・ソンギ,チョン・マンベ,チェ・ジウ
¥ 2,520
これは、洋画の「アメリカン・プレジデント」という恋愛コメディを
韓国でリメイクしたものだそうです。

普通のドタバタ恋愛コメディなんですが、なんだか見終わった後に
ほんわかした気持ちになるので、意外に良かったです。
「情け容赦なし」というハードボイルドな映画で、マフィアとその
愛人を演じるアン・ソンギとチェ・ジウが、こんなに形を変えて
再共演しているところが見ものですね。

今度は、二人とも全然違った役柄だし、チェ・ジウもショートヘアの
やんちゃなお姉ちゃんって感じで、なかなかこういう役が似合って
ました。彼女、なんだか映画ではいい作品にめぐり合ってないような
気もしますので、この映画がマシに見えましたね(苦笑)

また、大統領のわがまま娘を演じるのは、「箪笥」で熱演したイム・
スジョンが登場していて、こ憎たらしい娘を好演しています。
チェ・ジウといいコンビでした。

大統領のやんちゃ娘の担任になったチェ・ジウが、娘と絆を深めなが
ら大統領と恋に落ちるラブコメです。
楽しい気持ちになりたいときは、この映画を見ればいいんじゃないで
しょうか。

DVDが欲しい
もしくは、テレビで放送があればオンタイムでみますね。
韓国映画22:50comments(0)trackbacks(0)
tape
4人の食卓(韓国映画)
評価:
チョン・ジヒョン,イ・スヨン,パク・シニャン,キム・ヨジン
¥ 2,880
ホラーにも色々あると思います。
スプラッターといって、血みどろのホラー映画もあれば、
ゴシックホラーというジャンルの映画もあり、
心理的ホラーというのもあるそうですが、この「4人の食卓」は
その「心理的ホラー」に当てはまるのではないでしょうか。

主演のチョン・ジヒョンのことは「猟奇的な彼女」というラブ
コメディの映画で観たことはありましたが、何も惹かれません
でした。
我がままで暴力的な彼女を、おかしく演じているだけという感じ
で、世間が言うほどの評価を彼女に感じなかったんです。

ところが、この映画の彼女は全くの別人を演じきりました。
普通の人々には見えないものが見えたりし、死の世界と直接
つながっている、心を閉ざした人妻を閉鎖的に演じています。

主人公のパクシニャン演じる男がある日、電車の中で、死んだ
少女たちが見えてしまうところから物語が始まります。
そして、チョン・ジヒョン演じる人妻が、自分と同じ能力を
持つと知って、彼女に助けを求めるのですが、その中で彼の
色んな封印されていた事実が明らかになっていくのです。

封印された過去の記憶が明らかになっていくのが、背筋がゾクっと
しました。そして、ジヒョンの悲しい宿命・・・。

二人の妙なつながりを考えると、一種のラブストーリーっぽいの
ですが、そこでラブストーリーにしちゃわなかったのが良かった
ですね。「する必要が無い」と思います。

DVDの特典映像で、ジヒョンのインタビューや撮影記録などが
公開されていますが、女優チョン・ジヒョンの偉大さを感じることが
できるので、是非一度観てください。

この作品の彼女の演技力を思うと、彼女が出演した「デイジー」
や「猟奇的な彼女」は、彼女には役不足すぎたかもしれません。
(彼女には、もっとすごい演技ができるってこと)

DVDを購入してもいいなって思うけど、観た後でゾクゾク感が
残るので、怖くて買ってません(笑)

韓国映画13:56comments(0)trackbacks(1)
tape
タイフーン(韓国映画)
評価:
チャン・ドンゴン,クァク・キョンテク,イ・ミヨン,イ・ジョンジェ,キム・ガプス,シン・ソンイル
¥ 1,596
この映画、どのジャンルなのか分からなかったのですが、
アクションシーンあり、南北朝鮮の現実を訴えるテーマあり・・・。

最初は、ちょっとダラッと話が進んでいくような感じです。
クライマックスシーンに向かい始めるのが、やっと1時間半を
過ぎた頃。

しかし、後半からは迫力があるし、泣けるしで、個人的には好きな
作品でした。

チャン・ドンゴン、演技派ですねえ。
ブラザーフッドのときも、狂ってしまう兄を演じて迫力がありまし
たけど、今回も家族を奪われ復讐に燃える北朝鮮人を演じ、
トイレで復讐を待つ彼の表情には、背筋がぞくっとするものがあり
ました。

そして、お姉さんとの泣けるシーン。
これは思わず、もらい泣きをしちゃいます。
何回見ても泣く悲しい
お姉さん役のイ・ミンス?は、なかなか悲しげで影がある雰囲気を
うまく演じていたと思います。
この姉弟に、観る人の誰もが同情するでしょう。

ちょっと気になったのは(重箱の隅をつつくみたいですが(笑))
チャン・ドンゴンの子供のときの子役は、北朝鮮人の設定ですが、

髪がツヤツヤしてキューティクル

だったので、ちょっと北朝鮮の子供らしくなかったという
ことかな。
実際、北朝鮮の脱北者たちは中国の国境を越えたりするとき、
北朝鮮人と思われないために、栄養不足でパサパサになってしまって
いる髪に油を塗って、貧しい北朝鮮人と間違えられないように
するそうです。。。
(中国も貧しそうですが・・・おばけ

この映画の中でのことは、まあ北朝鮮人の方があんな大掛かりな
復讐劇を行うかは別としても、脱北が認められないことや密かな
処刑、家族の離散を余儀なくされることなど、実際にあるのだから
なんだかラストの方では切ない気持ちになりました。
北朝鮮人の方々の生活は、本当に悲惨ですよ・・・。

また、音楽がそんな物悲しい感じを更に演出してます(汗)
(あんな音色の音楽は好きですけど)

DVD購入
DVDレンタルで観る

感じかなと思います。

チャン・ドンゴン、ほんとハンサムですよね・・・。




韓国映画13:40comments(0)trackbacks(0)